• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指します
    【なわとび】は100回続けて跳ぶのもキツイ?本当です!

    2020/6/7更新

    「最近運動不足で何かスポーツを始めたいな」

    「何か手軽に出来てあまり場所を選ばないスポーツはないのだろうか?」

    そんな事でたどりついたのが【なわとび】だと思います。

    そこで「100回ぐらい跳ぶとどんな効果があるのかな?」

    「100回跳ぶのはキツイのかな?」

    それでは、こんなお悩みに答えていきます。

    ☑本記事の内容

    ・なわとびは100回続けて跳ぶ程度でキツイ?なぜ跳べないのか?
    ・なわとびは連続100回跳ぶのもキツイ!どうすれば跳べるのか?
    ・なわとびはキツイ!100回跳んで効果はあるの?

    本記事を書いている私は、2019年の春になわとびを始めました。

    本記事では、久しぶりになわとびをする人にとっては、100回続けて跳ぶ事はキツイという理由と、どうすれば跳べるのかについて書かれています。

    その解決方法も少し紹介していきます。

    なわとびは100回続けて跳ぶ程度でキツイ?なぜ跳べないのか?

    なわとびは100回続けて跳ぶ程度でキツイ?なぜ跳べないのか?

    【なわとび】ですが、結論から言いますと、久しぶりに始める方、日ごろ運動経験のない方にとっては、100回続けて跳ぶのもかなり難しいと思います。

    ☑まずは、私が20数年ぶりに再開した話をちょこっとします。

    なわとびに対する昔のイメージは、キツイなんて事は全くなく、ツラいなんてイメージはありませんでした。

    楽しい思いでしかありません。

    しかし実際にやってみると…

    「あれ?」たいして跳べないのです。

    あまりにも跳べないので思わず笑っちゃいました。

    「まえとび」すらまともにできません。

    100回続けて跳べないのです。

    「こんなの小学校低学年の子でさえできますよね?」せいぜい連続30回が限度でした。

    「こんなに難しかったのか」

    「小学生すごいなぁ」と感心しました。

    ここまでが、始めた時の感想です。

    それでは、なぜ跳べないのか一つずつ説明していきます。

    ジャンプができていない・縄が回せていない

    「不思議だなぁ」と考えてみると、ジャンプが出来ていないのです。

    ジャンプしたつもりができていないのです。

    それに手首の使い方が悪く、上手く縄を回せていないのです。

    この問題は回数をこなせば、時間とともに解決していくので問題ないです。

    体力が続かない

    跳べる跳べないは抜きにして、重大な問題点が見つかりました。

    体力が続かないのです。

    何とか慣れてきて100回続けて跳べるようになったのですが、はじめのころは、もう疲れ果てて次に跳ぶのが嫌になってしまいました。

    足が痛い

    体力云々より、こっちの方が問題でした。

    今は100程度跳んでも何ともないんですが、はじめのうちは足首がやられるんです。

    子供の頃は考えもしなかったのですが、ジャンプという動作は思っているより凄く足に負荷がかかります。

    体重の何倍も負荷が足にかかるそうです。

    原因は恐らく足の筋力や柔軟性が足りないからだと思われます。

    やはりコンクリートの上で跳ぶことは、思っているより負担がかかります。

    なわとびは連続100回跳ぶのもキツイ!どうすれば跳べるのか?

    なわとびは連続100回跳ぶのもキツイ!どうすれば跳べるのか?

    ハッキリ言って、

    日常的に運動経験のない方は、はじめのスポーツに【なわとび】は薦めません。

    一般的なスポーツで、ランニング、サイクリング、なわとびで、同じ時間するなら間違いなくなわとびが一番きついです。

    足への負担が大きいです。

    運動強度は、「サイクリング<ランニング<なわとび」という感じになります。

    普段歩くことも少ない人はウォーキング、サイクリングから始めるのが良いと思います。

    それでも【なわとび】をやりたいというなら、痛くなったらすぐにやめてください。

    痛くなったらすぐ止める

    再開するときは、必ず痛みがなくなってからにして下さい。

    何の運動でも同じですが、嫌な思いを何度もすると続かないし、無理してやってもその割に上達しません。

    かえって遅くなります。

    それで体を壊したら意味ないですからね。

    次に足に負担のかからない跳び方をしてみましょう。

    足に負担のかからない跳び方

    ちなみに色々調べたのですが、足に負担のかかりにくい跳び方があります。

    足を少しずらして跳ぶといくらか負担が和らぎます。

    下の写真のような感じです。

    なわとびをする時の足の姿勢です。
右足を前にずらす
    なわとびをする時の足の姿勢です。
左足を前にずらす

    足に負担のかからない、なわとびの跳び方が分かったら、跳ぶ場所も考えましょう。

    なわとびをする場所を考えよう

    小学生の頃にやっていたころは、グラウンド(土の上)か体育館でしたよね。

    可能なら、コンクリートの上以外で跳んだ方が良いです。

    コンクリートの上は本当に足に負担がかかります。

    土の上や芝生の上がいいでしょう。

    そうは言っても難しいと思いますので、せめて靴だけはクッション性のあるものにしましょう。

    クッション性のある靴を履く

    ウォーキングシューズやランニングシューズが良いと思います。

    その中でもクッション性のある厚みのある物が良いです。

    私がなわとびに使っているランニングシューズです。

    アシックスのGT2000シリーズです。

    アシックスのGT2000シリーズ

    なわとびはキツイ!100回跳んで効果はあるの?

    なわとびはキツイ!100回跳んで効果はあるの?

    確かに続けられれば、それなりに効果はあると思います。

    この100回というのでも、

    「1日に100回しか跳ばないのか」

    「1日100回を何セットするのか」

    によってもだいぶ変わると思います。

    何を期待するかにもよります。

    なわとび毎日100回の効果は?それほどない

    全く運動していない方、日常的に動くことの少ない方には多少筋トレの効果はあると思いますが、私的には毎日100回ぐらい跳んだのでは、見た目の変化を期待するのは正直難しいかなと思います。

    なわとび100回の消費カロリーは?ごくわずか

    消費カロリーは、私の場合は1000回(10分)跳んで約100キロカロリーなので、10キロカロリーもないと思います。

    回数よりも続けて跳ぶ時間を意識した方が良いと思います。

    はじめは1日10分というような感じです。

    なわとびは100回続けて跳ぶのもキツイ?まとめ

    なわとびは100回続けて跳ぶのもキツイ?まとめ

    今回は、なわとび100回が続けて跳ぶのはキツイということの紹介でした。

    内容をまとめると

    ☑100回続けて跳ぶのがキツイ理由

    ・ジャンプができていない・縄が回せていない
    ・体力が続かない
    ・足が痛い

    ☑100回続けて跳ぶにはどうすればよいか?

    ・痛くなったらすぐ止める
    ・足に負担の少ない跳び方をする
    ・なわとびをする場所を考える
    ・クッション性のある靴を履く

    ☑なわとび100回の効果は?

    ・1日100回なら効果はそれほどない
    ・消費カロリーごくわずか

    よく、なわとびを30分跳んで何キロ痩せたとありますが、個人的には、なわとびを30分跳べるような人なら「もう痩せる必要がないのでは?」と思います。

    太めの方は30分間なんて絶対跳べません。

    足の筋力、柔軟性、腕の筋力、柔軟性など運動習慣のない方は、自分の思っている以上に筋力、柔軟性が落ちています。

    縄跳びに引っかかりながらでも、はじめの内は合計で100跳べればいいんじゃないでしょうか?

    確かに手軽でいいかもしれません。

    日常的に運動していない人が20分、30分跳ぶのは本当にキツイです。

    キツイという事は効いているという事なので、キツくなくなる頃には結構筋力は付くでしょう。

    筋トレには向いているかもしれません。

    かなりいい全身運動です。

    ただし続けられればの話ですが…。

    普段から運動をしていない方は、自分で思っている以上に筋力が落ちています。

    はじめの内は無理をしないで続けてみましょう。

    先ほども書きましたが、なわとびをする際はクッション性のあるスニーカーなどで跳びましょう。

    本当に足に効きます(笑)。

    ☑健康を目指すには運動とともに食生活の改善をするとさらに効果が上がります