• 健康とお金がテーマのブログです
    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合

    「家は猫が多くてエサ代が凄くかかるけど、どうにかならない?」

    「しかもドライフードはあまり食べないで、ウェットフードばかり食べるんだよね。」

    「ウェットフードばかり食べられたんじゃ人間の食費並みにかかりそうだよ…」

    「困ったもんだ…」

    猫の多い家庭ではこんな事を考えることもあると思います。

    それではそんな家庭でどうしたらエサ代を抑えられるかを実体験を元に紹介していきます。

    ☑エサを与えている方法はドライフードにウエットフードを混ぜて与える方法です。与えているエサの名前や実際に与えて食べさせている所を写真付きで紹介していきます。

    猫の【多頭数飼い】の場合のエサの選び方

    まずは具体的に与えているエサを紹介します。

    ☑エサ選びのポイントは食いつきと価格です。

    ドライフード【キャネット】

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。キャネット

    猫のエサを今まで色々と替えてきましたが、ドライフードはここ15年位ずっとキャネットを与えています。

    値段と食いつきを見てこれが一番バランスが良いようです。キャネットには種類が色々ありますが、家の猫の場合は何味でも基本的に食いつきは変わらないようです。

    場所によってはこんな大袋も売っています。7.4kgサイズです。

    ウェットフード【カルカン】

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。カルカンウェットフード

    今は暑い日が続いて猫も食欲が落ちているので、カルカンのウェットフードも与えています。

    ウェットフードは「レトルトパウチ」「缶詰」など色々与えましたが、キャネットと同じくカルカンが一番食いつきと価格のバランスが良いようです。

    ここ数年はカルカンを与え続けています。キャネットと同じく家の猫の場合は、何味でも特に食いつきは変わりません。

    私は8袋入りの箱の物をいつも2つ買っていますが、場所によっては16袋入りも売っています。

    猫の【多頭数飼い】の場合のエサの与え方 

    ドライフードにウェットフードを混ぜて与えます。

    ☑よく混ぜて、全体にウェットフードの味と臭いがつくようにして与えてください。

    猫の数分のキャネットを用意します

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。キャネット猫の数分

    カルカンを用意する

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。キャネットとカルカンウェットフード

    キャネットの中にカルカン1袋を入れる

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。キャネットにカルカンウェットフードが乗っています

    全体にカルカンの臭いが付くようによく混ぜます

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。キャネットの中にカルカンウェットフードを入れて混ぜました。

    猫に分けて与えます

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。猫が美味しそうにキャネットとカルカンウェットフードを食べています。

    1袋混ぜただけでもドライフード全体に、味と匂いが付くので食いつきがだいぶ良くなります。

    私の中では騙し食いと呼んでいます。

    猫のエサの入れ物も【チェック】してみよう!

    他に猫の食いつきが良くなる方法ですが、入れ物を定期的に洗ってください。できれば毎日です。

    残ったエサがこびりついていると異臭がして食いつきは悪くなります。

    水はこまめに入れ替えよう!

    入れ物を綺麗にするのも大切ですが、水の場合は猫にエサを与えるごとに入れ替えてください。

    基本的に水が飲めないと食べられません。人間も猫もその他の動物も同じです。もちろん水の入れ物も洗ってくださいね。

    入れ物は【プラスチック】よりも【ステンレス】が便利!

    猫エサの選び方与え方 多頭数飼いの場合。ステンレスの容器です。

    プラスチック容器よりステンレスの方が管理が楽で便利です。このステンレスの物は数年使っていますが、タワシでこすると見事に汚れが落ちます。

    ステンレス容器はプラスチック容器より少し高い程度です。ホームセンターなどで簡単に買えます。ちなみに小型犬用、中型犬用を使っています。

    猫のエサ代も大変だけど猫から教わる事もある

    猫は独立心があり基本的には単独行動をします。犬のように散歩へ連れて行かなくても自分で散歩に行ってきますし、仮にエサが無くても自分でエサ(虫、鳥)を捕って食べています。とてもたくましく見えます。

    猫は自由気ままですから、それを見るたびに「他人は自分の思うようにはならないのだな」という気持ちが強くなります。他人に対して 無暗に責めるような事はせず、広い心で他人を許せる優しさが必要だと思いました。