• 心と体の健康がテーマのブログです
    80年代バンド!おすすめ【日本バンド】音楽に勢い有り!

    第二次バンドブームと言われた80年代。今なお現役で活動中のバンドも多いです。

    それでは日本が元気で勢いがあった、バブル時代のバンドを紹介します。

    80年代バンド!おすすめ【日本バンド】

    80年代バンド!おすすめ【日本バンド】

    今回は、いつもより長めの20選となります。長めとなるので【2ページ】に分けています。ページ最後の【おすすめ記事】の下のPage2から次のページへ行けます。

    BOØWY

    1980年代に活躍した日本のロックバンド。1981年結成、1987年解散。

    8ビートを基調としたロックサウンドや、逆立てたヘアースタイルなどの斬新なビジュアル等が多くの支持を集め、当時のロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーを記録した。

    人気絶頂の最中の1987年12月24日に解散を宣言し翌年1988年4月4日、5日に東京ドームで行った『LAST GIGS』にてバンド活動に終止符を打つ。

    80年代のバンドブームの火付け役となり全国に数多くのバンドマンを生むなど、BOØWYが及ぼした影響は絶大である。解散後も、ベストアルバムや未発表音源がリリースされると常にチャートの上位にランクインしており、今日でもなお日本のロックシーンに変革をもたらしたバンドとしてその地位を確固たるものとしている。

    群馬の3Bの一つです。(BOØWY、BUCK-TICK、BACK NUNBER)
    詳細は「お前はまだグンマを知らない」という漫画、映画をご覧ください。

    Amazonで見る

    Amazonで見る

    私は時代が違いますが、通っていた中学校の机や椅子にもよくBOØWYと彫られていた記憶があります。

    今なおバンド初心者のコピー曲で定番になっています。

    「B・BLUE」

    「MARIONETTE」

    Amazonで見る

    HOUND DOG

    1976年に結成された日本のロックバンドである。1980年代後半に絶大なライブ動員力を誇った

    「ff(フォルティシモ) 」

    REBECCA

    1980年代後半に「フレンズ」などのヒット曲を残し、BOØWYとともに80年代のバンドブームの先駆けとなった。

    「フレンズ」

    BARBEE BOYS

    1980年代に活動した日本のロックバンド。ツインボーカル編成の男女5人組で構成される。

    「目を閉じておいでよ」

    TM NETWORK

    小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登の3人で構成される日本の音楽ユニット・エレクトロニカバンド。略称TMN。

    プロデュース業で時の人となった小室哲哉自身が参加していたバンドです。

    「GET WILD」

    小室哲哉がTMNとは別の活動で参加したX-JAPANのYOSHIKIとのコラボ作品です。バンド名はV2です。小室哲哉が歌っている貴重な作品です。

    「背徳の瞳」

    米米CLUB

    日本の男女混成9人組音楽バンド。1982年結成。後に1997年解散し2006年再結成している。

    「浪漫飛行」

    Princess Princess

    日本のガールズロックバンドである。女性のみで構成されたバンドの中で、商業的に日本で最も成功したグループの1つでありヒット曲を連発した。

    「Diamonds」

    LINDBERG

    日本のロックバンド。1988年結成、1989年デビュー。2002年に解散しデビュー20周年となる節目の2009年に1年間限定で再結成した。その後2014年より活動を再開した。

    「今すぐKiss Me」

    THE BLUE HEARTS

    日本のパンク・ロックバンド。1985年結成。1987年にメジャーデビューし、1995年に解散した。

    コード進行は3、4コードを主としたシンプルなものが多いにもかかわらず、オリジナリティ溢れる楽曲を多く作り上げた。

    解散後も、ブルーハーツの楽曲は近年でもCMやドラマや映画などに数多く使われている。

    シンプルな曲はバンド初心者の入門曲になっている。よく高校の学園祭などで学生が演奏している。

    「トレイントレイン」

    Amazonで見る

    JUN SKY WALKER(S)

    日本の4人組ロックバンドである。1988年5月21日にメジャーデビューし、1997年6月14日に解散。後の2007年に再結成した。略称はジュンスカ。

    「歩いていこう」

    THE BOOM

    日本の4人組ロックバンド。1986年に結成し、2014年に解散した。

    ライブでの跳んだり、踊ったり、ステージから観客席に飛び込むなど、派手なパフォーマンスで人気を博した。

    島唄のイメージですがねこの曲はだいぶイメージが違います。

    「君はTVっ子」

    BUCK-TICK

    日本の5人組ロックバンド。1987年にメジャーデビュー。

    1987年の音源デビュー「HURRY UP MODE」以降、正規メンバーの変更は一切行われていない。

    独特の世界観です。

    メジャーデビュー前から今に至るまで雰囲気は変わっていません。

    学生時代から技術とかは抜きにして完成されていたように思えます。

    「 JUST ONE MORE KISS」

    「悪の華」

    BUCK-TICKの前身バンドの「非難GO-GO」です。もう世界観は完成しているように見えます。映像は悪いですが間違いなくBUCK-TICKです。

    裏にBUCK -TICKと書いてあるので、もうすでにBUCK-TICKかも知れません。

    Amazonで見る

    X JAPAN

    日本のヴィジュアル系ロックバンド。1989年にメジャーデビューした。

    ヘヴィメタルの影響を受けた勢いのある曲や情感溢れるバラードなどが特徴である。

    「 I`LL KILL YOU 」

    「紅」

    爆風スランプ

    日本のロックバンド。1984年デビュー。

    当時の人気番組「天才・たけしの元気が出るテレビ」の挿入歌に使用された。「Runner」は、初のビッグヒットとなった。カラオケでもノリのいい曲としてよく歌われ、また現在でも高校野球のブラスバンドの応援歌における定番曲になっている。

    「Runner」

    RED WARRIORS

    1985年に結成された日本のロックバンド。

    ミュージシャンのみならず、俳優、声優、ナレーター、テレビタレントなどで活躍のダイアモンド✡ユカイのバンドです。

    「CASINO DRIVE」

    聖飢魔Ⅱ

    1982年に結成された日本のヘヴィメタルバンド。

    一見、色物のバンドと思われがちですが、演奏技術の高い本格派バンドです。

    「1999 SECRET OBJECT」

    チェッカーズ

    福岡県久留米市にて結成された男性7人組の日本のポップスバンド。

    オリジナル曲が作れるアイドルグループの先駆者として人気を博していた。

    「ジュリアに傷心」

    C-C-B

    1980年代に活躍した日本のロックバンド。

    起死回生をかけたのシングル曲「Romanticが止まらない」が、TBSテレビで連続ドラマのオープニングテーマ曲に起用される。その後「ザ・ベストテン」という音楽番組の“今週のスポットライト”に出演。

    カラフルな髪色や当時は珍しかった電子ドラムを叩きながらドラマーがリードボーカルをとるスタイルも話題となり、一躍ブレイクした

    「C-C-B Romanticが止まらない」

    80年代バンド!おすすめ【日本バンド】 まとめ

     80年代バンド!おすすめ【日本バンド】 まとめ

    いかがでしたか?

    一度や2度は聴いた事のある曲ばかりだったと思います。やはり時代背景のせいなのか分かりませんが何か元気いっぱいな感じですね。

    リアルタイムでは聴いていませんが、個人的に80年代の曲は好きでよく聴いています。

    ☑こちらのカテゴリ「音楽」で、他の音楽関連の記事を紹介しています。