• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    敏感すぎる【HSP】にとって楽な生き方!自分を知り無理をしない!

    繊細なHSPは、生きづらさを感じ生きていることは前回紹介しましたので、今回はHSPにとって「楽な生き方」について考えていきたいと思います。

    ☑本記事の内容

    ・HSPにとって楽な生き方を考える
    ・HSPもいい人をやめれば楽に生きられる
    ・頑張りすぎないのがHSPにとっても楽な生き方

    本記事を書いている私は、2018年に自分がHSPだという事を知りました。

    それでは、HSPにとっての楽な生き方を紹介していきます。

    HSPにとって楽な生き方を考える

    【HSP】にとって楽な生き方!を考える

    まず、HSPにとって「楽な生き方」を実践するには、自分の事を知る必要があります。

    自分の事を知りましょう!

    とても敏感なHSPでも個人によっては大きな差があります。

    こちらの記事「繊細過ぎるとお悩みのあなたへ!もしかして生まれつきの気質かも?」で紹介したセルフチェックだけでは、何に対して敏感か、その敏感さの度合いなどを十分に知る事が出来ません。

    なので、「一般的なHSP」の特徴ではなく「私個人のHSP」の特徴をより詳しく知る必要があります。

    記録を取ってみる

    心と体が、「どんな所で何をするとどうなるか?」などの記録を取ってみると「HSPにとって楽な生き方」が分かってきます。

    ☑例

    • どんな場所へ行った時に体調が悪くなるか?
    • どんな場所ならリラックスできるか?
    • どんな人に会い、どんな会話をすると気分が良いか?
    • 何を食べると気持ち悪くなるか?

    このように自分に対しての記録を取っていけば、対策も分かってきます。

    対策を考え実行する

    刺激に対して敏感なHSPですが、自分がどんな事に対してより敏感に反応するかを知ったうえで、その刺激が入る事を防ぎましょう。

    要するに自分が生活しやすい環境を整える事です。

    ☑例

    • 照明の強い場所には行かない
    • 人混みは避ける、人が多い時間帯は避ける
    • 騒音のひどい所では耳栓をする。イヤホンで音楽を聴く
    • 化学物質の入っている食物は、可能な限り食べない
    • 特に必要のない人間関係は少し距離を置いてみる

    HSPもいい人をやめれば楽に生きられる

    HSPもいい人をやめれば楽に生きられる

    HSPの多くは、小さいころから手のかからない「良い子」だった場合が多いです。

    敏感な気質のため「空気を読む」のが上手かったでしょう。

    「大人の喜ぶことを先回りしてやっていた」なんて記憶がありませんか?

    いい人をやめてみる

    小さいころからの習慣で、大人になっても「空気を読む」のが得意ですよね?

    本音を隠して「相手の喜ぶこと」ばかり優先していると、自分が何が好きで、何が嫌いなのか分からなくなったり、自分では気づかなくてもいつしかストレス過多で爆発してしまいます。

    そのストレス過多で爆発してしまった結果なるのが、うつ病や慢性疲労症候群です。

    この「いい人」になってストレスを溜めていくことこそ、HSPの生きづらさを更に大きくしてしまう原因なのです。

    急に「いい人をやめよう」と言ってもすぐに変われるものではありませんよね。

    例えばこんな事から始めてみたらいかがですか?

    • 全く自分にとってのメリットがない事は断る
    • 人が食べたい物ではなく自分が食べたい物を選ぶ
    • 忙しいのに無理して予定を空けない、合わせない
    • たまには自分の本音を話してみる

    自己否定をやめる

    「何でこんなに細かいんだろう?」

    「何でこんな事ですぐに疲れるのだろう?」

    「こんな人間は社会を上手く生きられるはずがない…」

    HSPの方は、小さいころから今に至るまで、自分の弱さに失望し、自分を責め続けて自己否定を繰り返してきたでしょう。

    そんな自己否定を繰り返していけば、自分の事が嫌いになり自己肯定ができなくなるのは当然です。

    自己否定をやめるには自己肯定が必要

    自己肯定は「HSPの生きづらさ」から抜け出すためにはなくてはならないものです。

    ☑自己肯定ができるようになると

    • 自己主張ができるようになる
    • 他者を肯定できるようになる
    • 他者との境界線が強くなる
    • 結果、生きづらさが以前よりは解消される

    ☑どうすれば自己肯定できるようになるか?

    自分の弱さを認める事です。

    「世間一般的にどうなのか?」と考えずに弱い自分という存在を素直に認める。

    自分の中の弱さを認められるのは強い人だけです。本当に弱い人は自分の弱さを認められません。

    「それじゃあ、自分を変えるためにこの人のマネでもしてみるか?」

    参考にするのはいいかも知れませんが、無理に急に変えて他人になろうとしてはいけません。急に変わろうとすると「プレッシャー」がかかりすぎます。

    人マネではなく、本来の自分の中にある「こうなりたいなぁ」「ああなりたいなぁ」というモデルに無理なく変えていく事で、生きづらさが解消されて、HSPにとって楽な生き方に近づけるでしょう。

    頑張りすぎないのがHSPにとっても楽な生き方

    頑張りすぎないのがHSPにとっても楽な生き方

    HSPの人はストレスに弱い上に、神経を高ぶらせ、様々な刺激を受けて生活しているのですから、疲れやすくて当然です。

    そこで、まずは「頑張りすぎない」ようにしましょう!

    頑張りすぎない

    今まで紹介してきた内容で、HSPのみなさんは「疲れやすい体質」だという事が十分に分かったと思います。

    「疲れたら休みましょう!」簡単には言えますが、簡単なようで案外難しいものです。

    それでは「このように休んでみてはいかがですか?」現実的には難しいと思いますが…。

    ☑例

    • 週に2日は必ず休む。
    • 会社の仕事を家に持ち帰らない
    • 残業時間に制限を設ける

    仕事以外の人間関係も同じく頑張りすぎないようにしましょう!

    ☑例

    • 仲良くない、全くメリットのない関わりたくない人からの誘いを断る
    • 疲れていて行きたくない誘いを断る

    自分にとって必要のない事は断るようにしましょう。

    HSS型のHSPの方も同様です。

    HSS型HSPはこちらの記事で紹介しています。

    繊細過ぎるとお悩みのあなたへ!もしかして生まれつきの気質かも?

    簡単に言うとHSPの中に3割ほど存在する外向的なHSPです。

    HSS型のHSPは、刺激を求めて街中に行くのが好きでも基本的にはHSPなので刺激に弱いです。

    刺激を求めて遊ぶに行くのもほどほどにしましょう。

    自分の感覚、感情を大事にする

    「こうするべきだ!」

    「ああするべきだ!」

    という論理的思考の世界だけで生きている感じがしますが、実際はそうではありません。

    仕事の時などはしょうがないですが、プライベートの時間ぐらいは、自分の感情や感覚、直感に耳を傾けることも大切です。

    「何々するべきだ!」という考え方だけなら、生きづらさを感じるのも無理はありません。

    たまには、自分の心の声に従って行動してみたいものですね。

    合わない環境からは離れる

    どんな人でも生き物でも「安全で安心できる場所」が必要です。まして感覚の敏感なHSPにとっては尚更必要性が高まります。

    HSPの人は良心的な人が多いので、自分の都合で周りに迷惑がかかると思う事をするのに抵抗を感じるでしょう。

    自分の心と体のバランスを保つために、時には思い切って合わない環境から離れるという選択肢も必要だと思います。

    ときには自分を守るために「安全」「安心」な場所を手に入れる必要があります。それには大きな覚悟と決意が必要な場合もありす。

    ☑例

    • 会社を辞める
    • 家族と別れて暮らす
    • 引っ越す

    HSPにとって楽な生き方を考える・まとめ

    HSPにとって楽な生き方を考える・まとめ

    HSPにとって楽な生き方をまとめると、

    ・自分の事を知るために記録をとる
    ・刺激への対策を考えて実行する
    ・空気を読みすぎる、いい人をやめてみる
    ・自己否定をやめ、自己肯定ができるようにする
    ・疲れやすいので頑張りすぎない
    ・自分の感覚、感情を大事にする
    ・合わない環境から離れる

    自分で書いてはいますが、現実的に環境を変える、頑張りすぎないなど「そうはいかないよ!」という方も多いと思います。

    まずは自分の弱い所を知り自分を受け入れる事から始め、徐々に変えられる所から変えていければいいのではないでしょうか?

    この事で多少は生きやすくなると思います。

    HSPが楽に生きるには、頑張りすぎない事が重要!

    個人的には、「頑張りすぎない」「環境を変える」というのはもの凄く重要だと思います。

    実際に私もこれが出来たおかげで、「だいぶ生きやすくなったな」と実感しています。

    自分のできる範囲で構わないので、できる事からやっていきましょう!

    そうすれば絶対に今よりは生きやすくなるでしょう!

    ☑参考にした本です

    ☑みなさんの考え方は恐らく「中村あやえもんさん」に近いです。毎日1回ツイートしているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

    こちらの記事でも、中村あやえもんさんの本を紹介しています。

    同じHSPの仲間を探すには?

    交流会などがあるようです。

    こちらの「繊細革命」という「ミケ男さんのサイト」に、自身が参加した交流会や開催した交流会などについて書かれています。

    どうしても参加したい方で、近くに交流会がない場合は、自身で企画するのもいいかもしれませんね。

    Twitterで仲間を探すのもありだと思います。

    ☑人気記事 一人で没頭できる趣味【インドア系】実際に試したことの紹介です!

    ☑人気記事 【実践しました】食生活の乱れを改善!どんな効果が表れるの?