• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    象印煮込み自慢(電気圧力鍋)レシピで簡単旨い!【ビーフカレー】

    最近はレトルトカレーでも、それなりの価格の物(200円以上)は美味しく食べられるようになりましたね。

    材料は要らないし、手間はかからないし、だったらレトルトカレーでもいいかなと思っていました。

    しかし、その考えが「象印煮込み自慢」でカレーを作ってから変わりました。

    それでは「ビーフカレー」を作っていきます。

    象印煮込み自慢(電気圧力鍋)で簡単旨い!【ビーフカレー】

    象印煮込み自慢(電気圧力鍋)で簡単旨い!【ビーフカレー】

    まずは「ビーフカレー」を作る材料を紹介します。

    ビーフカレー材料(付属のレシピ)

    ☑材料 4人分

    • 牛肉(カレー・シチュー用)300g
    • 玉ねぎ     1個(200g)
    • じゃがいも   2個(220g)
    • にんじん    1/2本(100g)
    • 水       400mL
    • 市販カレールー 80g

    今回は牛肉の代わりに豚肉を使いました。

    カレールーは少し多くても大丈夫です。二つに分けられるパッケージの1つ分を一回で使っています。

    ☑所要時間

    湯沸かし約25分+調理約30分 計約55分

    【象印の煮込み自慢】を使った【 ビーフカレー 】の作り方

    【象印の煮込み自慢】を使った【 ビーフカレー 】の作り方

    今回は「温度調理」です。

    1.材料を一口大に切る。

    2.なべに全ての材料を入れ、本体をセットする。

    ☑カレーのルー(ジャワカレー辛口)を入れました。

    3.「自動」キーを押し「温度調理」を選ぶ。

    4.「◀」「▶」キーで「メニュー番号24」を選び、「スタート/再加熱」キーを押す。

    5.終了のメロデー(ブザー)が鳴ったら、全体を混ぜる。

    ☑出来上がりました!

    要するに材料を量って入れて、メニューを選んでスタートを押し、約55分で出来上がる簡単調理です。

    ホームベーカリーと同じく簡単です。

    象印煮込み自慢(電気圧力鍋)【ビーフカレー】まとめ

    象印煮込み自慢(電気圧力鍋)【ビーフカレー】まとめ

    普通の鍋で煮込むとジャガイモが煮崩れしがちですが、型崩れもなくしっかり中まで火が通ります。

    この「象印煮込み自慢」でカレーを作るようになってからレトルトカレーを食べなくなりました。

    私のレトルトカレーの印象

    独断と偏見でレビューします。

    ①100円以下

    スープのようなカレー。万人が食べられる味。腹にかさらない。

    ②200円から250円

    具がしっかり入っている。そこそこ旨い。カレーだと思えるカレー。一番バランスが良いと思っている。定期的に食べられるカレー。

    ③300円以上

    価格が高くなるにつれて、味が濃くなる。通好みの変わったカレーが増える。一度食べれば、しばらくはいいかなと思えるカレー。

    ④「象印煮込み自慢」で作ったカレー

    ②と③の中間ぐらいのイメージです。

    煮込み自慢はカレー専用機?

    私の家では「象印煮込み自慢」は、ほぼカレー専用機となっています。

    自宅で美味しいカレーが食べたい方におすすめです!

    仮にカレー専用機になったとしても後悔しないと思います。

    最近は、電器圧力鍋も類似品が多く出てきたので、「象印煮込み自慢」も値下げされました。この機会に検討してみてはいかがですか?

    ☑人気記事 【実践しました】食生活の乱れを改善!どんな効果が表れるの?

    ☑人気記事 一人で没頭できる趣味【インドア系】実際に試したことの紹介です!