• 健康とお金がテーマのブログです
    【あの山はなんだ?】が分かるスマホのアプリ!【山が気になる?】

    日ごろから、ふと遠くを眺めて「あの山は何ていう山なんだろう?」と思う事があると思います。

    そんな疑問を解決してくれるアプリの紹介です。

    【あの山はなんだ?】が分かるスマホのアプリ!

    【あの山はなんだ?】が分かるスマホのアプリ!

    AR山ナビ -日本の山16000-というアプリです。

    AR山ナビ -日本の山16000-

    HPから引用します。

    アプリを起動して山にかざすと山の名前がARで表示されます

    • 山の名前、標高、山までの距離が表示されます
    • 日本の16000件以上の山データを収録しています。
    • 首都圏を中心とした高層ビル、各種ランドマーク、湖沼などすべて合わせて27000件以上のデータを搭載しています。
    • 3次元座標とジャイロセンサーを使用して表示しており、上空から見下ろしたり、カメラを傾けても山頂付近に名前が表示されるので確認が容易です。
    • AR表示を上下左右にスワイプすることで表示位置の補正が可能です
    • 全ての機能が無料で使えます

    ※地図での位置指定、写真撮影機能は現バージョンにはありません。今後追加予定となります。

    ※常に北方向の表示になるなど方角が正しくならない場合はカバーを外して使用してみてください。カバーについている金属や磁石が干渉して誤動作する場合があります。

    ■注意事項

    • GPS、ジャイロセンサー、電子コンパスの誤差により位置が正しく表示されない場合があります。
    • 建物内や電車・自動車の車内及び、電線、金属製のフェンスなどの近くなどで使用されると、GPSや電子コンパスから正しい情報を取得できず、正しく表示されない場合があります。
    • 日本国内での利用を想定しております。

    ■表示データに関して

    このアプリケーションの作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地名・公共施設)を使用しました。
    (承認番号 平27情使、 第346号)

    実際に使ってみよう!

    ☑それでは実際に使った様子を紹介していきます。

    アプリを起動して山にかざします。

    アプリを起動して山にかざします。

    かざした方向の「北」が表示されました(赤い〇で囲った所です)。

    もうしばらく、かざすと…

    このように山の名前、標高、距離が表示されます。

    ☑今度は違う方向にかざしてみます。

    北西にかざし、このように表示されました。

    ☑雲がかかっていて山が見えない場合は?

    肉眼で見えませんでしたが、現在値と方向から割り出して表示されているようです。

    【あの山はなんだ?】が分かるスマホのアプリ!【感想】

    【あの山はなんだ?】が分かるスマホのアプリ!【感想】

    アプリレビューを見る限り決して評価は高くありません。

    画面が真っ暗になる、固まる、文字が小さいなど。

    実際に使用してみて、確かによく画面が固まります。固まったら一度アプリを終了させて、また立ち上げれば使えます。

    それでもまた固まったりはしますが…

    個人的には、頻繁に使うアプリではないですし、無料アプリなので問題ないと思います。

    AR山ナビ -日本の山16000-

    ☑今お使いのスマホの性能に不満がある方に役立つ記事です。

    スマホのアプリの容量が足りない!格安の物へ買い替えがおすすめ!

    スマホの【スペック検索】をしよう!コスパ重視の買い方が分かる?

    ☑非常事態にスマホの充電に役立つ記事です。

    【BicosyLEDランタン】スマホの充電もできます【防災に】

    [Beaudens]ポータブル電源!空になるまでスマホだけ充電