• 心と体の健康がテーマのブログです
    【スマホ料金】の節約には、中華スマホと格安SIMの併用がお得!

    スマホの検索をする時に、いつも出てくる「キーワード」が、高い、下げたい、抑えたいなどの、今使っている金額より下げたいと思われる「キーワード」ばかり出てきます。

    みなさん高いと思いながらも、その高い金額で使い続けているようです。

    スマホの月の料金が、6000円代~7000円代というのが世間一般的のようです。

    それでは、今回はその高いスマホの料金を下げるための方法を紹介します。

    【スマホ料金】の節約をしよう!中華スマホと格安SIM

    【スマホ料金】の節約をしよう!中華スマホと格安SIM

    まずは、一般的な格安SIMの料金プランについて紹介します。

    スマホ料金を下げたいなら格安SIM

    ☑格安SIMの一般的な料金(基本的に税抜き価格で表示します)

    音声通話+データ通信SIM(電話とネットができるやつです)の基本料金

    • 3GB 約1600円
    • 6GB 約2200円

    通話料金

    • 30秒20円
    • 各社の通話アプリ使用で30秒10円

    通話オプション

    • 10分かけ放題 約850円 10分超過分は30秒10円

    私の使っている格安SIMなど数社を調べましたが、だいたいみなこんな感じです。

    ☑こちらの記事「ガラケーからスマホに乗り換えた!【親の携帯】乗り換えました!」で私が使用している格安SIMの実際の明細も紹介しています。

    準キャリア(UQモバイル、Yモバイル)は、キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)に近いサービスなので、もう少し高めになります。

    スマホ本体の料金も抑えたいならコスパの良い中華スマホ

    格安SIMで毎月の利用料は減りますが、スマホの本体も安く済ませたい方には、コスパの良い「中華スマホ」がおすすめです。

    一般的に、同程度の性能なら他の国のスマホよりは割安です。

    こちらの記事「【コスパ最高】中華スマホ!HUAWEI・OPPO・Xiaomi」で、おすすめのスマホ本体を紹介しています。

    おすすめの格安SIM会社を比較

    おすすめ格安SIM会社を比較

    実際に使っている方から聞いた話、自分のスマホ、親のスマホを選ぶ際に検討した会社などで、良いと思った会社を紹介します。

    楽天モバイル

    ☑特徴

    • とにかく安い
    • 月々のお支払でスーパーポイントが貯まる!
    • ご契約中、楽天市場でのポイントがずーっと2倍
    • 楽天ポイントで携帯料金の支払いができる

    使っている方から聞いた話では、とにかくポイントが貯まるようです。

    一番良いと言っているのが、楽天市場の買い物や他の楽天グループで溜まったポイントをスマホの月額基本料や通話料などの支払いに利用できる事だそうです。

    「楽天スーパーポイント」で支払う額を設定しておけば、毎月自動的に充当されます。しかも、「期間限定ポイント」から優先的に使われるから、使い忘れ防止に!

    こちらの楽天モバイルのページで確認できます。

    ☑個人的なおすすめプラン

    こちらで料金プランの確認ができます。

    「スーパーホーダイ」と言う、8割以上が加入しているプランを全面的に宣伝していますが、特にゲームをあまりしない、動画もあまり見ない、通話もあまりしない方なら「組み合わせプラン」の方が安く済んでいいと思います。

    普段、楽天市場で買い物をする事が多い方は、「楽天モバイル」一択ではないでしょうか?

    楽天モバイル

    Y!mobile

    ☑特徴

    • 格安SIMメーカーの中では、料金は少し高めになるが、通信速度が速い。
    • 通信・通話料金をPayPay残高で支払える
    • オプションで「通話時間、回数無制限」がある。
    • 実店舗が多い

    ワイモバイルの契約回線とPayPayアプリの連携設定をすると、PayPay残高を毎月の携帯電話料金の支払いに使えるという、「楽天モバイル」のポイント支払いのような事が出来ます。

    詳しくは、こちらの「 Y!mobile 」HPに載っています。

    格安SIMには、「10分通話かけ放題」というオプションはよくありますが、「通話時間、回数無制限」というオプションがあるのは、 Y!mobile とUQモバイルだけです。

    通信速度はキャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)には及びませんが、格安SIMの中では、UQモバイルと同じく速いようです。

    オプションの「通話時間、回数無制限」が必要な方や「PayPay」を普段利用する方には、 「Y!mobile」 がおすすめです。

    親のスマホ購入の際に「 通話時間、回数無制限 」がオプションであることで検討しました。

    IIJmio

    ☑特徴

    • とにかく安くて分かりやすいシンプルプラン

    「楽天を普段利用していない」「通話時間、回数無制限はいらない」という方には、良いと思います。

    個人的に私が使っている一番のおすすめです!

    ☑詳しくはこちらの記事「ガラケーからスマホに乗り換えた!【親の携帯】乗り換えました!」の後半で紹介しています。

    【スマホ料金】の節約をしよう!中華スマホと格安SIM 【まとめ】

    【スマホ料金】の節約をしよう!中華スマホと格安SIM 【まとめ】

    格安SIMへ乗り換えの際は、SIMだけの購入をして、別の所でスマホ本体を購入するより、SIMとスマホ本体を同じ所でセットで購入する事をおすすめします。

    大手キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)がMNPでの購入時に、スマホ本体の割引を大きくするのと同じく、格安SIM会社も基本的にセット購入の方が安いです。

    安く使うには余分なオプションを付けない

    スマホ料金を安くするコツとしては、基本料金以外にお金をかけない、オプションを付けない、減らすことだと思います。

    今までに、スマホを落として画面を割ったり、水没させたりした事がある方ならともかく、一度もそんな事はないという方も多いと思います。

    そんな方は、端末保障のオプションは必要ないかもしれません。

    基本的に自然故障に関しては、メーカー保証が1年あるし、1年以内に故障しなければ、基本的にほぼ故障しないと思います。

    高すぎるスマホ本体は買わない

    最新の高性能スマホは、8万~10万円くらいしますよね。

    お金の有り余っている方、最新のスマホが好きな方、ゲームが好きな方ならともかく、「まぁ、とりあえず普通に動けばいいよ」という方には必要ないと思います。

    高いスマホを買って、端末保障のオプションを入れ、スマホが高くて買い替えられなくて、バッテリーが弱ったまま4年~5年使うのより、3万円ぐらいの物を端末保障無しで買って、2年ぐらいで買い替えた方が快適に使えると個人的には思います。

    ☑今回紹介したおすすめSIM会社

    普段から楽天を利用している方には「楽天モバイル 」

    「通話時間、回数無制限」のオプションが必要な方で、実店舗のある安心感が得たい方には「Y!mobile」

    とにかく安くて分かりやすいシンプルプランが良い方には「 IIJmio 」

    格安SIMに乗り換え検討の際は、ぜひ参考にしてみて下さい!

    各SIM会社、公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。

    ☑こちらの記事もおすすめです

    【コスパ最高】中華スマホ!HUAWEI・OPPO・Xiaomi

    ガラケーからスマホに親の携帯を乗り換えた!AUからの乗り換えです。

    サポート切れで【タブレット買い替え】検討の方へ!格安品を紹介!【比較】