• 心と体の健康がテーマのブログです
    おすすめメーカーのプロテイン【比較】実際に試したものも紹介!

    ふと、スーパーの牛乳売り場で見かけた「ザバスミルクプロテイン」を見て思いました。

    コンビニでよく売っている200mlの小さいサイズは前からありましたが、中くらいのサイズ(430ml)、大きなサイズ(860ml)も取り扱うようになりました。

    売り場では、小さなモニターに宣伝用の動画が流れていました。

    スーパーでこんなに色々なサイズを売るくらいですから、プロテインブームなのだと思います。

    そこで今回は、種類豊富なプロテイン食品を紹介したいと思います。

    【プロテイン】何がいい?おすすめメーカーのプロテイン【比較】

    【プロテイン】何がいい?おすすめメーカーのプロテイン【比較】

    まずはプロテインとは何なのか?

    プロテインとは

    たんぱく質の事です。

    日常的に使われる「プロテイン」といった言葉は、たんぱく質を主成分とする、水や牛乳などで溶いて飲む「プロテインパウダー」 のことを指す場合が多いです。

    最近「たんぱく質を取りましょう!」と言われるけど「一日何g取ればいいのか?」と疑問に思うでしょう。

    よく言われる目安ですが、体重1キロ当たり1g取りましょう!というのが一般的です。

    体重60キロの方なら一日に60gとなります。

    運動強度によって、体重1キロ当たり1.2g~2gなどと増やしていくのが一般的です。

    それではどんな物があるか見ていきましょう!

    【プロテイン】よく見かける4種類を比較

    【プロテイン】よく見かける4種類を比較

    比較的によく見かける、買える場所の多い物を紹介していきます。

    1. バープロテイン
    2. プロテインゼリー
    3. ミルクプロテイン
    4. プロテインパウダー

    バープロテイン

    どこでも手軽に食べられ入手できるタイプです。

    売れ筋の商品では森永の 「inバー プロテイン」シリーズ というのがあります。

    大まかに分けると下記の3種類に分けられます。

    • チョコタイプ
    • ウェファース タイプ
    • グラノーラタイプ

    その中でも 「inバー プロテイン ベイクドチョコ」は1本で【タンパク質15g】さらにタンパク質の働きに必要なビタミンB群(7種)を配合しています。

    ☑BODY SUPPORT W inバー プロテイン ベイクドチョコ

    Amazonで見る

    プロテインゼリー

    こちらも同じく手軽に食べられ手軽に入手可能です。

    バープロテインと同じく森永製品を紹介します。

    1袋辺りの【たんぱく質5g】と少なめですが、バープロテインよりも手軽に食べられ、小腹を満たすためにお菓子を食べるよりは良いと思います。

    ☑inゼリー プロテイン ヨーグルト味

    Amazonで見る

    ミルクプロテイン

    ミルクプロテイン

    コンビニ、スーパー等でよく見かけるようになったプロテインです。

    明治 ザバス(SAVAS) ミルクプロテインです。

    常温で保管もできる「(ザバス)MILK PROTEIN(ミルクプロテイン)脂肪0 」は、 粉末タイプのザバス1食分と同じ【たんぱく質15g】配合しています。

    試しに上記写真のプロテインを飲んでみました。

    ココア味の物を飲みましたが、普通に美味しく飲めました。

    ☑明治 ザバス(SAVAS) ミルクプロテイン 脂肪 0

    Amazonで見る

    プロテインパウダー

    普段プロテインと呼ばれている、水や牛乳で溶かして飲むタイプです。

    プロテインはこのタイプが主流で、色々なメーカーから発売されています。

    ☑プロテインパウダーは、大きく分けると下記のように分けられます。

    • ホエイプロテイン(牛乳由来/吸収が速い)
    • カゼインプロテイン(牛乳由来/吸収がゆっくり)
    • ソイプロテイン(大豆由来/吸収が速い)
    • 混合型(ホエイ、カゼイン、ソイ等の混合)

    今回は、「ホエイプロテイン」と「ソイプロテイン」について紹介します。

    ☑その中でも有名な物と個人的に良いと思う物を紹介したいと思います。

    まずは「明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味」です。

    ミルクプロテインと同じく1食で【たんぱく質15g】が取れます。

    この味ではないですが、私も以前ザバスのプロテインを飲んだ事があります。

    プロテインは不味いとよく言われますが、基本的にザバスの製品は誰にでも飲みやすく(美味しく)なっています。

    プロテインを飲んでみて、不味くて飲みきれなかった方や、初めてプロテインを飲む方には良いと思います。

    ☑明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味

    Amazonで見る

    次は「BODYWINGの完全に無添加のWPCホエイプロテイン」です。

    1食(付属スプーンすりきり3杯)24gで【たんぱく質18.7g】が取れます。

    私が今現在飲んでいるおすすめの物です!

    ☑どこがおすすめか

    • 余計な物が入っていない(人工甘味料なし)
    • 安い

    おすすめですが、もちろん良い所だけではありません。

    ハッキリ言ってザバスなんかと比べて旨くはない(美味しくはない)です。

    しかし、不味くもありません。

    味を説明すると生乳100%の牛乳ではなく、成分を調整した加工乳のような味です。

    具体的に言うと「毎日骨太」を薄くしたような味です。

    一時プロテインを調べていた時に、プロテインは味わって飲むものではない、無添加の安い物がおすすめだとkindleの本で読みました。

    なるほどなと思い、これを飲んだ後この後紹介する同シリーズのソイプロテインを飲みましたが、私には合わなかったので、またこちらのホエイプロテインを飲み始めました。

    ホエイプロテイン 無添加 ナチュラル 1kg

    ☑ホエイプロテイン 無添加 ナチュラル 1kg

    Amazonで見る

    「BODYWING 大豆プロテイン 無添加 飲みやすいソイプロテイン」

    先ほどのプロテインと同じメーカーの「ソイプロテイン」です。

    1食(付属スプーンすりきり2杯)20gで【たんぱく質16.92g】が取れます。

    ☑どこがおすすめか

    • 余計な物が入っていない(人工甘味料なし)
    • 先ほどの「ホエイプロテイン」より更に安い

    普段豆乳を飲んでいる方なら飲めると思いますが、私には合いませんでした。

    豆乳が大丈夫の方なら「ホエイプロテイン」より安くて良いと思います。

    こちらも「ザバスのプロテイン」のように、美味しい物ではありません。

    その辺を割り切って飲める方向けです。

    今回紹介した中ではコスパが一番良いと思います。

    ☑大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン

    Amazonで見る

    「チョコボールプロテイン チョコボールいちご味」

    最近、変わったプロテインが増えています。

    その中でも特に気になったので紹介します。

    たんぱく質量: 1食分(20g)当たり 14.2g

    ウイダー初の「甘いプロテイン」これまでのプロテインパウダーのイメージを覆す美味しさのお菓子会社ならではのプロテインだそうです。

    ☑[Amazon限定ブランド]BODY SUPPORT W ウイダー チョコボールプロテイン チョコボールいちご味

    Amazonで見る

    他にも変わったプロテインパウダーを載せておきます。

    ☑ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味

    Amazonで見る

    ☑ビーレジェンド 波動拳風味 ホエイプロテイン

    Amazonで見る

    ☑ビーレジェンド プロテイン 北斗の拳 明日への種モミ風味 ホエイプロテイン

    Amazonで見る

    プロテインパウダーを購入の際は「シェーカー」も一緒に

    はじめは「こんな物いらないよ」と思いますが、間違いなく有った方が楽です。

    プロテインパウダーは少量の物なら1袋500g前後ですが、大抵は1袋1kgです。

    1㎏だと40杯から50杯分ぐらいになります。

    これを毎日、箸やスプーンで混ぜて飲んでいたのでは、底に溶けずに溜まっていたり何かと苦痛になってきます。

    シェーカーなら数秒で混ぜられます。

    ぜひ「シェーカー」の利用をおすすめします。

    ☑ザバスプロテインシェーカー (500ml)

    Amazonで見る

    プロテインビール・プロテインパスタ

    プロテインビール・プロテインパスタ

    最後に非常に変わった物を紹介します。

    JOYBRAU(ジョイブロイ)ノンアルコールビール

    ☑特徴

    ・1本で21gのたんぱく質が取れるノンアルコールビール
    ・ビールの本場であるドイツ産
    ・筋肉の成長に必須のアミノ酸、BCAA配合
    ・脂肪燃焼に効果的なLカルニチンとベータアラミン配合
    ・植物由来のプロテインを使用

    特別なホップを使用して、ビールにさわやかなレモン味を加えた軽くてフルーティな味わいのビールです。

    こちらの マッスルデリのHPで予約販売しています。

    ☑注意:2020/1/20現在確認しました。

    高プロテイン麺「マッスルパスタ®」

    ☑特徴

    • 1食(生麺130g)中、22gのたん白質を含有
    • 動物性・植物性両方のたん白質を効率良く摂取可能
    • 4つの動物性・植物性たん白(ホエイ・卵白・大豆・小麦)を含有
    • 欠乏すると筋肉に悪影響を及ぼすマグネシウムとカルシウムも配合
    • 美味しさにこだわったフェットチーネ・タイプ(平麺)

    こちらの吉原食糧 株式会社のHPから購入できます。

    【プロテイン】何がいい?おすすめメーカーのプロテイン【比較】感想

    【プロテイン】何がいい?おすすめメーカーのプロテイン【比較】感想

    一昔前のプロテインのイメージは、「マッチョな人」がスポーツジムで飲むようなイメージでしたが、最近は美味しいプロテインパウダーやバープロテインなどずいぶんと身近な存在になりました。

    これから筋トレを始める方や、長く続けてきた方も、身近に手に入りやすくなったプロテイン入り食品で、筋トレの効果を高めてみるのもいいかもしれません。

    個人的におすすめのプロテイン

    美味しものではないですか、変な味がしなくて個人的には良いと思います。

    ☑ホエイプロテイン 無添加 ナチュラル

    Amazonで見る

    ☑こちらのカテゴリ「健康」で他の健康関連の記事を紹介しています。

    ☑こちらのカテゴリ「流行」で、他の流行関連の記事を紹介しています。