• 心と体の健康がテーマのブログです
    【メスティン】一合の米を自動炊飯!【100均の固形燃料】を使用!

    前回の燻製「【メスティン】で100均の道具を使いツナの燻製を作ってみた!」から約1か月経過し、今回は「メスティン」を使い米を炊いてみました。

    【メスティン】一合の米を自動炊飯!100均の固形燃料を使用!

    前回に引き続き100均(セリア)の固形燃料を使用しました。

    前回に引き続き100均(セリア)の固形燃料を使用しました。

    それでは自動炊飯を始めていきます。

    米を給水させる

    米を給水させる

    まずは米一合(180ml)をといで、30分給水させます。

    水の量は200mlが目安ですが、本体とハンドルをつなぐ結合部(丸が2つある位置)の直径に合わせて入れるのが簡単です。

    100均の固形燃料に着火します

    固形燃料に着火します

    蓋が持ち上がり、吹きこぼれが発生しました。

    着火して5分程度から吹きこぼれが始まりました。

    このように吹きこぼれるので、吹きこぼれても下が汚れないように対策をすると良いでしょう。

    間もなく火が消えます。

    タイマーを押すのが少し遅れたので、約14分間の燃焼だと思います。

    ひっくり返して蒸らす

    ひっくり返して蒸らす

    火が消えたら、火傷に気を付けて、革手袋や軍手などを装着しフタをしっかり押さえて逆さまにし、15分ほど蒸らします。

    「メスティン」による自動炊飯完了!

    「メスティン」による自動炊飯完了!

    普通に炊飯器と同じように炊けました。

    100均の固形燃料で【メスティン】一合の米を自動炊飯!【感想】

    100均の固形燃料で【メスティン】一合の米を自動炊飯!【感想】

    使用する固形燃料の違い(燃焼時間)やフタが持ち上がらないように重しをするなどで、出来具合が変わると思います。

    フタに重しをしないで、基本的にそのまま炊飯しました。

    炊飯の仕方により「オコゲ」ができるようですが、底に米が少しへばりついていた程度で焦げる事はなかったです。

    味に関しては、いつも炊飯器で炊いているご飯とほぼ同じでした。

    しっかり問題なく炊けていました。

    初めて「メスティン」で炊飯に挑戦してみましたが、こんな簡単にご飯が炊けるとは思いませんでした。

    今回使ったメスティンなどの道具

    ☑100均の固形燃料

    100均の固形燃料

    ☑ドイツ製のmilicampメスティン

    なぜか価格が高騰しています。

    ☑Esbit(エスビット) ポケットストーブ -ドイツ製-

    こちらも価格高騰中です。

    本来はここまで高くないので、代用可能な物が安く買えるのであれば、そちらの方が良いかもしれません。

    ☑こちらの記事もおすすめです。

    【メスティン】で100均の道具を使いツナの燻製を作ってみた!

    【ファイアスターター】100均(セリア)で購入!火がついた!

    ☑こちらのカテゴリ「アウトドア用品」で、他のアウトドア用品関連の記事を紹介しています。