• 心と体の健康がテーマのブログです
    【株式市場】超楽観相場!何が何でも上がろうとしているのか? 

    何かと強い「NYダウ」ですが、「日経平均」も下がりそうで下がりません。

    このまま波に乗っていいのかというと「?」という感じですが…

    【株式市場】超楽観相場!

    【株式市場】超楽観相場!

    巷でもよく言われていますが、私も「楽観しすぎではないの?」と思っています。

    なぜ株価が上がるのか?

    確かに上がる根拠があります。

    先日のニュースで「GAFA」が過去最高の売り上げなどです。

    この「GAFA」ですが、知っている方も多いと思いますが、説明しますと「米巨大IT企業4社の頭文字」をとって「GAFA」と言います。

    • Google
    • Amazon
    • Facebook
    • Apple

    この4社の時価総額 (株価×発行済株式数) が、2020/2/3時点で約3.9兆ドル(約430兆円)になりました。

    ちなみに東京証券取引所1部上場企業全体は約629兆円です。

    GAFA4社だけで、日本株の約7割を占めるまでになっています。

    NYダウにどれだけ影響を与えているかなどの、細かいところまでは分かりませんが、かなり大きな影響を与えている事には間違いありません。

    GAFAの調子が良い→NYダウ上昇→吊られて日経平均も上昇

    これだけで株が上がる事はもちろんありませんが、上がる要因の一つではあると思います。

    株価が上がるのは、もちろん上がっている指数もあるから

    製造業PMIという(アメリカではISM)指標が、2020年1月のISM製造業景況指数は50.9でした。

    前月の(47.8)から上昇し、市場予想の(48.5)を上回り、景気の良い悪いを判断する節目の50を昨年7月以来回復しました。

    他にも、アメリカの1月ADP雇用統計が、15年5月以来の大きな伸びとなった、ISM非製造業指数も予想を上回ったなどがあります。

    ☑こちらの記事「【株式投資】情報サイトおすすめ4選!取引をした事のある方向け!」で、参考になるサイトを紹介しています。

    株価の将来的な見通しは?

    株価の将来的な見通しは?

    ハッキリ言って誰にも分からないと思います。

    下がると思っている方が多い気はしますが…

    良くなるとは思えないけど?

    個人的には、世界経済に限っては、半年から1年ぐらいの間は良くなるような感じはしないと思っています。

    今、中国を中心に流行っている「コロナウィルス」の件で、中国の生産や消費が回復するまでには、かなり時間がかかるのではないかと思っています。

    昔よりも中国が世界の経済に与える影響が大きくなっています。

    日本の身近な例で言いますと、今現在ではマスクが品薄になっています。

    日本で販売しているマスクの約4割が輸入だとニュースで聞きました。

    その他にも100均(ダイソーなど)もほぼ中国製ではないでしょうか?

    日本経済に与える影響が大きい物で言うと、車の部品なども入らなくなってくるようです。

    1月下旬から中国がまともに機能していないので、今から徐々に生活に影響が出てくるのではないかと思っています。

    バルチック海運指数を見てみると?

    バルチック海運指数とは、英国のロンドンにあるバルチック海運取引所が算出・公表する、外航不定期船(外航ばら積み船)の運賃の総合指数です。

    世界経済の先行指標となっているこの数字が、2020/2/6現在はこのようになっています。

    こちらの「Bloomberg」のサイトで見られます。

    基準値は、1985年1月4日の値を1000とします。

    過去最高値は、2008年5月20日に記録した11793です。

    リーマンショック時は700を切る水準にまで急落しています。

    過去最低値は、2016年2月8日に、293という数値を記録しています。

    【株式市場】超楽観相場!まとめ

    【株式市場】超楽観相場!まとめ

    毎日株価を見ていると、上がっているのでつい買いたくなってしまいますが、ここで乗ってもよい方というのは限られた方だけだと思います。

    自分でルールを決めて、そのルール通りに動ける方だけです。

    個人的には、このような相場に何度も乗った事はありますが、ストレスが強い割には稼げていません。

    ほとんどの人にとっては、積極的に買いに行く相場ではないと感じます。

    難しい所では入らずに、勝てる可能性の高い所だけで勝負すれば良いと思います。

    株関係の「ツイッター」などもたまに見ますが、日経平均に強い影響を及ぼす会社の下方修正があっても、普通に株価は上がっているので「狂った相場だ」という方もいます。

    悪いニュースは見て見ぬふりでたいして下がらず、少しでも良いニュースならガンガン上がっていく。

    昨日の株価の大きな上昇には、中国・浙江大学の研究チームが新型肺炎の効果的治療薬発見とのニュースもあるようです。

    どちらにしても、私も「狂った相場」だと思って毎日眺めています(笑)。