• 心と体の健康がテーマのブログです
    心拍数が高すぎる!ファーウェイウォッチGTのランニング時の異常!

    2019年末からランニング後のデータをを見ると「心拍数が異常だな」と思う事がよくありました。

    2019年春から秋にかけての心拍数より、平均して「20」は高いのです。

    ファーウェイウォッチGT・ランニング時の心拍数異常の対処法!

    ファーウェイウォッチGT・ランニング時の心拍数異常の対処法!

    ☑上記が最近の、心拍数の異常だと思われる、ファーウェイウォッチGTを使って取った「ファーウェイヘルスケアアプリ」のランニングデータです。

    私の場合は、平均心拍数170で走り続けるのは、どう考えても不可能です。

    ☑心拍数異常を感じる前の12月中旬までのデータ【ファーウェイ・ヘルスケアアプリ】

    心拍数異常を感じる前の12月中旬までのデータ【ファーウェイ・ヘルスケアアプリ】

    心拍数140前後で走り、ラストスパートで心拍数160~170になる。

    これが今までの平均的なデータです。

    ランニングをしている最中は、「特に心拍数が上がっている感じはしないぞ」、「呼吸も苦しくないぞ」という感じで、時計の故障かなと思い調べて見ました。

    心拍数に影響する要因と心拍数が異常な時の対処法を紹介します。

    心拍数の計測に影響する事

    ☑「HUAWEI」HPから引用します。

    心拍数のモニタリングに影響する要因

    心拍数のモニタリングには、さまざまな環境的要因や状況的要因が影響すると考えられます。使用中に心拍数を測定できなかったり、データが間違っていたりする場合は、以下を参考にしてください。

    • ウォッチの装着が緩い、または手首に正しく取り付けられていない場合は、血流を測定することによるデータを取得できなくなります。その場合は、ウォッチが手首に適切に留められており、文字盤が上を向いていることを確認してください。手首の関節より少し上に装着すると非常に快適なのでお勧めです。ウォッチが運動中に滑らないように、手首に正しく取り付けられていることを確認してください。
    • ウォッチの裏が清潔で乾燥しており、異物が挟まっていないことを確認してください。運動中に汗をかきすぎると、時計が滑ったり、測定に使用した皮膚から反射する光が妨げられたりして、データが不正確になります。この場合、ウォッチを外して汗や汚れを拭き取ってから再度手首に装着してください。
    • 手首の皮膚に傷や入れ墨がなく、毛が濃すぎないことを確認してください。心拍数の測定に影響する場合があります。
    • 極端に気温が低いと身体の血流が変化し、心拍数の測定が不正確になる場合もあります。この場合、体温が温まってから、心拍数の測定を開始することをお勧めします。
    • 心拍数は、不規則な動きを伴う運動(バスケットボールやリラックスした時間を過ごしている際の体の動き)と比較して、規則的な動きを伴う運動(走る、歩く、自転車に乗るなど)の間のほうがずっと測定しやすい一方で、筋力強化のための運動(重量挙げなど)では、正確な心拍数測定をバンドが取得できにくくなります。ウォッチのワークアウトメニューを参照して対応する種類の運動を行うようにしてください。

    ワークアウト中に心拍数が異常になった場合は、ウォッチを上に向けたまま約10 ~ 15秒じっとして心拍数が正常に戻るかどうか確認してください。何度試行しても心拍数を測定できない場合は、ウォッチを再起動して再度測定してみてください。

    測定した心拍数が明らかにおかしい?

    ☑ 「HUAWEI」HPから引用します。

    ウェアラブルで測定した心拍数が不正確です

    Huaweiのウェアラブルデバイスの心拍数のモニタリング機能は、光学式心拍センサーやプリインストールされた心拍数アルゴリズムなどの最先端技術を利用し、手首の血流に基づいて心拍数を監視します。

    心拍数モニタリングが不正確になったり、モニタリングに失敗しないように、以下の点にご注意ください。

    ウェアラブルデバイスの背面が汚れておらず、乾いており、異物に覆われていないことを確認してください。

    ワークアウト中に溜まった汗で心拍センサーが覆われると、心拍数の測定値がずれる場合があります。手首やウェアラブルデバイスの汗を拭き取って、再度お試しください。

    ウェアラブルデバイスを正しく装着していることを確認してください。

    心拍数を測定する際は、デバイスの画面を上に向け、ウォッチやバンドを手首の関節の少し後ろに装着してください。正確な心拍数データを得るには、ストラップを締めてデバイスを手首にしっかりと固定し、ワークアウト中にデバイスが動かないようにしてください。

    心拍数の測定時は手首を動かさないでください

    心拍数の測定中は、手首を動かさないでください。これにより、ウェアラブルデバイスは正確な心拍数データを取得できます。

    規則的なワークアウトで心拍数を測定してください

    ランニング、ウォーキング、サイクリングなど一定した有酸素運動をしているときのほうが、ウェアラブルデバイスによる心拍数の測定は正確です。バスケットボールや筋力トレーニングなど、不規則な動きを伴う運動を実施すると、心拍数の測定値がずれる場合があります。

    激しい運動の後は、心拍数の測定をお控えください。

    激しい運動を行った後は、表示される心拍数測定データが大きく変化する場合があります。これは通常、激しい運動の後は心拍数が大きく減少するためで、ウェアラブルデバイスに問題があるわけではありません。

    フィットネス愛好家の方は、シリコンゴム製のストラップを使用して、デバイスと手首を密着させることをお勧めします。そうすることで、より正確なデータが得られます。

    その他の要因

    同じ環境で短い時間内に複数回測定すると、会話、感情、呼吸、ウォッチの装着方法の変化などの影響により、心拍数のテスト結果に影響する場合があります。

    問題が解決しない場合は、正規のHuaweiカスタマーサービスセンターにご相談ください。

    ファーウェイウォッチGTのランニング時の心拍数異常を考える!まとめ

    ファーウェイウォッチGTのランニング時の心拍数異常を考える!まとめ

    上記の2点を読んで、とりあえず時計の裏の汚れを取り除きました。

    次に時計の再起動をしてみました。

    一番の原因は、「極端に気温が低いと身体の血流が変化し、心拍数の測定が不正確になる場合もあります。」というのが原因ではないかと思います。

    体を温めてから運動をしよう!

    この場合は、体温が温まってから、心拍数の測定を開始することがいいのですが、そんな事は面倒くさいのでやりませんでした。

    次からは、体を温めてから「ファーウェイウォッチGT」で測定をしてみたいと思います。

    徐々に暖かくなり、この問題も自然に解消されそうですけどね。

    ちなみに異常心拍数のおかげで、VO2Maxも一気に下がりました。

    VO2Maxとは?

    激しい運動中に利用できる最大酸素量の事を言います。

    これは有酸素能力と心臓と肺の機能の重要な指標であり、長期間の体系的な訓練によって向上させることができます。

    ☑VO2Maxの推移【ファーウェイ・ヘルスケアアプリ】

    VO2Maxの推移【ファーウェイ・ヘルスケアアプリ】

    異常な下がり方ですね(笑)。

    その後「ファーウェイウォッチGT」でランニング再測定

    「ファーウェイウォッチGT」の裏ブタの汚れを取り、再起動後にランニングデータを取ってみました。

    走り始めは心拍数が高いままでしたが、一度しばらく歩いて心拍数を下げてから走り始めたら、以前のような心拍数で測れました。

    ☑ファーウェイヘルスケアアプリでで確認

    その後「ファーウェイウォッチGT」でランニング再測定

    ☑上記画像の心拍数、下記画像のペース、ケイデンスが著しく下がっている所が歩いている時です。

    下記画像のペース、ケイデンスが著しく下がっている所が歩いている時です。

    本当に「体の血流」の問題だったのかもしれませんね。

    人気記事 食生活の改善は効果があるの?健康的になりダイエットにもなります