• 心と体の健康がテーマのブログです
    ファミコン名作【レトロゲーム】1989年~1992年の紹介!

    前回に引き続き、個人的に名作だと思う、やり込んだファミコンゲームを紹介します。

    ファミコン名作【レトロゲーム】アクション・RPG中心の紹介!

    ファミコン名作【レトロゲーム】アクション・RPG中心の紹介!

    年代の古い順に紹介していきます。

    1989年~1992年までです。

    レーサーミニ四駆 ジャパンカップ

    発売日1989/8/25
    発売元コナミ
    ジャンルボードゲーム
    レースゲーム

    ボードゲームパートで、ミニ四駆のパーツを入手し、ミニ四駆のパーツ交換、改造をして大会に出場してレースパートで1位を目指していくゲームです。

    レースで上位入賞すると順位に応じて「ポイント」が獲得でき、ポイントを一定値以上溜めると「ジャパンカップ」に出場できます。

    このゲームの最終目的は「ジャパンカップ」で優勝することです。

    ☑感想

    当時は、友達同士が集まるとよくこのゲームで遊んでいました。

    ボードゲームパートで、ろくにパーツを集められない状態でレースに出る事か多くなるので、戦略無しではレースでの上位入賞はほぼ不可能でした。

    その後は、「最小限どのパーツを集めればレースに勝てるのか?」というのが分かるようになり、じょじょにレースで上位入賞ができるようになりました。

    ☑ミニ四駆はスマホのゲームになりました。

    こちらの記事「【ミニ四駆】のスマホゲーム!ダッシュ四駆郎・レッツ&ゴーも登場!」でスマホのミニ四駆ゲームを紹介しています。

    ドラゴンボール3 悟空伝

    発売日1989/10/27
    発売元バンダイ
    ジャンルRPG

    原作の序盤から第二十三回天下一武道会まで(マジュニア戦)をアレンジしたものになっています。

    ファミコンでドラゴンボールの世界観を表現しています。

    バトルは前回の「ドラゴンボール 大魔王復活」と同じく「カードバトル」です。

    ☑感想

    ファミコンゲームで、ここまでドラゴンボールの世界を再現したのは凄いと思います。

    ファミコンで、ドラゴンボールゲームは7つ(プレイ済み)もありますが、個人的にはこの作品が一番気に入って長く遊びました。

    ゲームバランスが悪く、序盤から簡単にゲームオーバーになりますが、前作のように選択肢を間違えると即終了というのはなかったと思います。

    時間さえかければ誰でもクリアできるのではないでしょうか?

    ☑こちらの記事「ドラゴンボールゲームまとめ!【30年以上】の歴史!【必見】」で歴代のドラゴンボールゲームを紹介しています。

    ☑こちらの記事で実際にプレイした内容を紹介しています。

    【ドラゴンボール3悟空伝】をクリア!ファミコン名作RPGゲーム!

    SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団

    発売日1990/7/7
    発売元バンプレスト
    ジャンルアクション

    8つの惑星ステージで構成され、プレイヤーはステージを自由に選択してクリアする形となっています。

    各惑星ステージは、登場するヒーローに関係のある構成になっています。

    ☑感想

    よく「〇ソゲー」扱いされていますが、個人的には、ウルトラ系、ガンダム系、ライダー系、メタルヒーロー系の12種類のキャラクターが使えて楽しかったです。

    操作性が悪く、通常プレイでクリアは難しかったです。

    クリアした記憶はありますが、裏技でいつでも「キャラチェンジ」ができるようにしてクリアしたのだと思います。

    基本的にこの時代のゲームは、裏技、攻略本無しでは、子供がクリアするのは不可能な物が多かったです。

    ビックリマンワールド 激闘聖戦士

    発売日1990/7/27
    発売元ハドソン
    ジャンルRPG

    ビックリマンの世界を表現したRPGゲームです。

    ☑感想

    このソフトを購入した当時は、あまりプレイした記憶がありません。

    その後10年以上経ちプレイしてクリアしました。

    「エンカウント率」が高く、数歩とは行かなくても「敵が異常によく出没する」ので、これが嫌で購入当初は諦めたのかと思いました。

    キャラゲーなので細かい事は考えずに、ビックリマン好きの方なら楽しめると思います。

    ☑こちらの記事「【こどもだってつらいよ】平成初期が舞台のアニメ!ビッ〇リマン?」で、この時代(平成初期)が舞台のアニメを紹介しています。

    ダウンタウン熱血行進曲

    発売日1990/10/12
    発売元テクノスジャパン
    ジャンル対戦アクション
    スポーツ

    主人公の「くにお」率いる熱血高校チームをはじめとする全4チームで、クロスカントリーや玉割りなどを行い、得点を競うゲームです。

    ダウンタウン熱血物語のような「殴る、蹴る、武器を使う」などの何でもありの運動会です。

    ☑感想

    レーサーミニ四駆同様に、人が集まってやると楽しいゲームの一つでした。

    一人でやっても「まぁまぁ楽しい」ですが、大勢でやる作品だと思います。

    ファイアーエムブレム外伝

    発売日1992/3/14
    発売元任天堂
    ジャンルシミュレーション

    前作の「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」の終了後の話で、男女2人の主人公を交代させながら進めていくゲームです。

    外伝ですが、ストーリーに直接のつながりはありません。

    特定のクラスに属する者は所定レベルさえ満たせば無限にクラスチェンジを繰り返して強化することができるので、育成ゲームとしての中毒性が高いです。

    入手経験値が2倍になる、当時では珍しい「イージーモード」がありました。

    リメイク作品としてニンテンドー3DS専用ソフト「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王」が発売されています。

    ☑感想

    前作の 「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」 は非常に難しかったですが、こちらの作品「ファイアーエムブレム外伝」は、武器の使用制限はないし、何度でも挑戦できるダンジョンがあって納得いくまでレベル上げもできたので、時間さえかければだれでもクリアできる点が良かったです。

    ファミコン名作【レトロゲーム】1988年~1992年【感想】

    ファミコン名作【レトロゲーム】1988年~1992年【感想】

    「ファミコン名作」というタイトルで書き始めましたが、感想を書いていると楽しかった思い出より、「クリアできた、できかった」で選んでいたのだと思いました。

    「クリアできたもの=楽しかった」という風になっているのかもしれません。

    しかし、よくよく考えると「〇ソゲー」と言われる物も選んでいます。

    昔のゲームはクリアできないのが普通?

    昔は、裏技や攻略本があってもクリアできないゲームも数多く存在しましたが、今やネットで検索すれば何処かの誰かしらが攻略情報を書いています。

    時間に余裕のある方は、昔クリアできなかったゲームをクリアしてみるのも楽しいかもしれませんね。

    ☑こちらの記事「レトロゲームの名作を遊ぶ方法を紹介!色んな手段があります!」でレトロゲームを楽しむ方法を紹介しています。

    ☑こちらのカテゴリ「ゲーム」で、他のゲーム関連の記事も紹介しています。