• 心と体の健康がテーマのブログです
    初代ゲームボーイ名作ゲーム【レトロゲーム】RPG中心に紹介!

    初代ゲームボーイで、個人的に名作だと思う、記憶に強く残っているゲームを紹介します。

    初代ゲームボーイ名作ゲーム【レトロゲーム】を紹介!

    初代ゲームボーイ名作ゲーム【レトロゲーム】を紹介!

    年代の古い順に紹介します。

    天神怪戦

    発売日1990/4/27
    発売元 メルダック
    ジャンルシューティングゲーム

    江戸時代を舞台にした横スクロールシューティングゲームです。

    5種の職業から最大4名までのパーティーを組み、状況に応じて隊形を変えながら戦います。

    キャラクターは、ステージ開始時に金銭で雇用します。

    ☑感想

    このゲームを名作として選んでいますが、ゲームをプレイ内容よりも強烈に覚えているのがBGMです。

    キャラクター選択のBGMなどに特徴があります。

    「youtube内の検索」も「天神怪戦」と入力するとBGMと出るので、みなBGMが特徴的だと思っていたのかもしれません。

    これもゲーム内容に関係ありませんが、よく安売りしていた記憶があります。

    新品が980円で売っていた、中古が500円で売っていた記憶は鮮明にあります。

    SDガンダム外伝 ラクロアンヒーローズ

    発売日1990/10/6
    発売元バンダイ
    ジャンルRPG

    「カードダス」を中心に展開していたシリーズ『SDガンダム外伝(騎士ガンダム)』のゲーム化作品です。

    ☑カードダスとは?

    今で言う、「トレーディングカード」みたいなものです。

    ☑感想

    このゲームも、これと言って特徴はないのですが、当時のゲームとしては珍しく普通にプレイ出来た作品だったと思います。

    エンカウント率は高かったのですが、割とテンポよくサクサク進めあまりストレスは感じませんでした。

    先ほどの「天神怪戦」と同じくBGMが印象に残ってます。特に戦闘時のBGMです。

    ガンダム好きには楽しめる作品ではないかと思います。

    Sa・Ga2 秘宝伝説(スクウェア)

    発売日1990/12/14
    発売元スクウェア
    ジャンルRPG

    1990年12月14日にスクウェアからゲームボーイ用ソフトとして発売されたサガシリーズの2作目です。

    プレイヤーキャラクターは、前作の「人間」「エスパー」「モンスター」に加えて新登場の「メカ」を含めた4種族に増加しました。

    ☑感想

    前作からのシステムで、モンスターは倒したモンスターの肉を食べて変身する事で成長するというシステムでした。

    このシステムで、前より弱いモンスターになるという事があり、よく失敗していました。

    そして攻略本には「食い合わせ表」なる物がありました。

    ☑食い合わせ表とは?

    どの種族が、どの種族の肉を食べると何の種族になるか?

    食べた後も同種族または違う種族でグレード(能力)的には、今のグレードより「プラス」になるのか「マイナス」なるかなどを紹介した物です。

    この点も楽しかったです。

    一番は、ゲーム進めやすさですね。

    当時のゲームボーイソフトは、ファミコンの時ほどではないですが、クリアが難しい物も多くありました。

    その点「サガ2」は、普通に進めていれば誰でも簡単にクリアできました。

    ゲーム以外に印象に残っている点は、箱がデカかったことです。

    当時のゲームボーイソフトでは、ありえない大きさの箱でした。

    もう一つ強烈に覚えているのは、ゲームボーイソフトにしては価格が高かったことです。

    当時はまだ、ゲームボーイソフトの定価が2000円代、もしくは3000円代が多かったように記憶しています。

    サガ2は確か4800円ぐらいだったような気がします。

    ハッキリとは覚えていませんが、「高かったなぁ」という記憶はあります。

    その後は人気ソフトの宿命で、非常に販売本数が多かったので、中古ソフトが多くなり叩き売り状態でした(笑)。

    中古で500円というのが強く印象に残っています。

    まぁ、とにかく良い(楽しかった)作品でした。

    リトルマスター ライクバーンの伝説

    発売日1991/4/19
    発売元徳島書店インターメディア
    ジャンルシミュレーションRPG

    ファイアーエムブレム似たシミュレーションRPGです。

    特徴は仲間にした魔物を合体をすることで強化することができる点です。

    もう一つの特徴は、戦闘時のアニメーションが非常によく動き、シナリオ間にはイベントシーンが用意されているなど、グラフィック面が充実していました。

    ☑感想

    これも「サガ2」同様に誰でもクリアできそうなゲームでした。

    昔のシミュレーションゲームと言うと、ファイアーエムブレム、三国志などの歴史ものなど難しいゲームが多かったです。

    その中でも「リトルマスター」は、システムがシンプルで分かりやすく、子供でも簡単にクリアして達成が味わえる良いゲームでした。

    シミュレーションゲームで、初めてクリアした作品かもしれません。

    スーパーロボット大戦

    発売日1991/4/20
    発売元バンプレスト
    ジャンルシミュレーションRPG

    「スーパーロボット大戦シリーズ」の第1作目です。

    敵を引き抜ける「説得」やRPGでいうと魔法にあたる「精神コマンド」など、従来のシミュレーションゲームにはない独自のシステムがありました。

    ☑感想

    ストリーなどは覚えてはいませんが、ただ「説得」コマンドがあった事を強く覚えています。

    三国志で敵の武将の引き抜きが出来ますが、それと同じような感じで大抵の敵は説得で仲間にできたと思います。

    ただ単にその説得で、敵を引き抜くのがおもしろくてやっていました。

    ウィザードリィ外伝I 女王の受難

    発売日1991/10/1
    発売元アスキー
    ジャンルRPG

    初めて携帯機で発売されたウィザードリィです。

    また、日本オリジナル作品の先駆けとなった作品です。

    ☑感想

    当時はまだ小学生で、なぜこのゲームを買ったのかは謎です。

    CDのジャケ買いではなく、ゲームのパッケージ買いだったのでしょうか?

    この作品もドラクエ3と同じく、職業、転職システムがありそのシステムが気に入ったのだと思います。

    他にも種族、性格、年齢など今までのゲームにはないシステムがありました。

    シナリオなどは全く覚えていませんが、キャラクター作りに凝っていたような気がします。

    ゲーム自体は非常に難しかったのを覚えています。

    通好みのゲームで、その筋の方たちにとっては、非常に評価の高いゲームのようです。

    今なら恐らく内容を理解しながらできると思うので、機会があったらプレイしたいと思います。

    初代ゲームボーイ名作ゲーム【レトロゲーム】感想

    初代ゲームボーイ名作ゲーム【レトロゲーム】感想

    ファミコンと同じく個人的に名作、記憶に残っているゲームと言うのは、ゲーム全体の内容がどうのこうのとかいう問題よりも、クリアできたか、もの凄く特徴があったかのどちらかでした。

    ゲームボーイは名作揃い!ミニが出るか?

    ゲーボーイミニでも出たら、またゲームボーイのゲームをやってみたいものです。

    ファミコンミニが発売されて、そこそこ売れたのですから、ゲームボーイミニも発売されれば売れそうですけどね。

    ☑こちらの記事「レトロゲームの名作を遊ぶ方法を紹介!色んな手段があります!」でレトロゲームを楽しむ方法を紹介しています。

    ☑こちらのカテゴリ「ゲーム」で、他のゲーム関連の記事も紹介しています。