• 心と体の健康がテーマのブログです
    スーパーファミコン名作レトロゲーム2!RPG・SLG中心の紹介!

    前回の続きで、スーパーファミコンの個人的に名作だと思うソフトを紹介していきます。

    スーパーファミコン名作ゲーム!RPG・SLG中心の紹介!

    スーパーファミコン名作ゲーム!RPG・SLG中心の紹介!

    ロマンシング サ・ガ2

    発売日 1993/12/10
    発売元スクウェア
    ジャンルRPG

    前作の「ロマンシング サ・ガ」に続くスーパーファミコンでのシリーズ作品第2作目です。

    ゲームボーイから続くサガシリーズとしては5作目です。

    2016年から、PlayStation Vita、スマートフォン(iOS・Android)向けにリマスター版が配信が開始されました。

    2017年から、リマスター版をより精密な映像にしたPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、Windows(Steam)版が配信開始されました。

    ☑感想

    ゲームボーイからプレイステーションまで、サガシリーズをプレイしてきましたが、ゲームボーイの「サガ2」並みに好きな作品です。

    陣形や閃きなどのシステムが斬新で良かったです。

    ゲームのシステム理解など、他の面についても難易度は高いと思います。

    RPGゲーム好きの人のためのゲームですね。

    ファイアーエムブレム 紋章の謎

    発売日 1994/1/21
    発売元任天堂
    ジャンルシミュレーション

    ファミコンの「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」の続編で、「暗黒竜と光の剣」のリメイクが「第1部:暗黒戦争編〜暗黒竜と光の剣」で、その後日談が「第2部:英雄戦争編〜紋章の謎」です。

    上記の2部構成となっています。

    ☑感想

    ファイアーエムブレムシリーズは、ファミコンから3dsまで幅広くプレイしました。

    中でもこのスーパーファミコンの「ファイアーエムブレム 紋章の謎」が一番好きです。

    元のファミコン版 「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」 もプレイ済みですが、非常に難しかったです。

    今回の「ファイアーエムブレム 紋章の謎」は難易度が高いと言われますが、難しすぎずに丁度良いレベルになりました。

    もちろん簡単にはクリアできませんが、アクションゲームのように、とっさの判断などはありませんから、何度もプレイして分析していけばクリアできます。

    稼げる経験値が限られるので、育てるキャラクターを絞らなければならない、一度やられたキャラは復活しないなど、とても緊張感があるゲームです。

    それゆえに何度もリセットして、ステージ最初からやり直しました。

    第1部も十分に難しいですが、第2部はさらに難しいです。

    手強いシミュレーションゲームをやりたい方にはピッタリだと思います。

    攻略本、攻略サイトを見てプレイしても十分難しいです。

    しかし、操作性が良く、キャラの移動スピードの変更、戦闘シーンの簡略化などできるので、ストレスが溜まらずにプレイできると思います。

    ダービースタリオンII

    発売日 1994/2/18
    発売元アスキー
    ジャンルシミュレーション

    ファミコンから続く、通称「ダビスタ」と呼ばれるシリーズの3作品目です。

    プレイヤーは競馬の生産者、馬主、調教師の立場になり、競走馬の生産、調教、出走を繰り返しながら、JRAの全GI競走タイトルの獲得を目指すゲームです。

    ☑感想

    「なぜ買ったのか?」

    今になっても思い出せませんが、子供が買うゲームではなかったと思います。

    周りで知っている人も、プレイしている人もゼロでした。

    ダビスタシリーズは、「ダービースタリオン96」PS版「ダービースタリオン」とプレイしましたが、この「ダービースタリオン2」が一番シンプルでプレイしやすかったのを覚えています。

    このゲームで、牧場経営の大変さ(お金が凄くかかる)を知りました。

    ファイアーエムブレムもそうですが、シミュレーションゲームが好きになったのは、「ダビスタ2」の影響かもしれませんね。

    馬主、牧場経営に興味のある方には、楽しいゲームかも知れません。

    スーパーメトロイド

    発売日 1994/3/19
    発売元任天堂
    ジャンルアクション

    メトロイドシリーズの3作目です。

    今作からマップ機能があり、これにより迷路のようなステージマップを把握できるようになりました。

    マップ内はブロック単位で細かく区分けされていて、一度通った所が塗りつぶされるように記憶されていきます。

    ☑感想

    とても古い作品ですが、10数年前にスーパーファミコンを買い直した時にプレイしました。

    当時の印象は難しそうなゲームでしたが、アクションゲームが苦手な私でも割と簡単にクリアできました(もちろん攻略サイトを見ながら)。

    アクションゲームは、「スーパーマリオとかしかやった事ないよ」と言う方にも楽しめると思います。

    昔のゲーム特有の操作性の悪さも感じませんでした。

    デザエモン

    発売日 1994/9/30
    発売元アテナ
    ジャンルシューティングゲーム制作ゲーム

    ソフトに内蔵されたツールを使って、ユーザー自身が音楽やグラフィックなどを作って、シューティングゲームを作り、プレイすることができるゲームです。

    ☑感想

    自分だけのオリジナルゲームが作れるソフトなのですが、やはり自分で作るとなると大変です。

    キャラクターデザイン、マップデザイン、音楽制作などなど。

    元々何かアイデアがあって作るのなら良いですが、何もなしで「さぁ、ゲームを作ろう!」と思って出来るものではなかったです。

    しかし、自分の作ったキャラクターを使ってゲームをプレイするのは、新鮮な感じでした。

    最終的には、キャラクターをいくつか作った程度で終わりましたが、何とも言えない達成感がありました。

    RPGツクール SUPER DANTE

    発売日 1995/3/31
    発売元アスキー
    ジャンルRPGゲーム制作ゲーム

    パソコンの「RPGツクール Dante98」をスーパーファミコンに移植したものです。

    ☑感想

    「デザエモン」に引き続きゲーム制作系2つ目の挑戦でした。

    デザエモンは、サンプルゲームにオリジナルキャラクターを作っただけで、それなりの形になりましたが、「RPGツクール」はそう言うわけには行きませんでした。

    後に出会う事になる「プログラミング」みたいな感じでした。

    宝箱一つ作るにも大変でした。

    ☑例 宝箱に触れて、しらべるコマンドを選択、アイテムを入手する、宝箱のグラフィックの変更、次に調べた時に何も出現しないようにするなど、色んな条件付けをするのが「プログラミング」みたいでした。

    当時の頭では、攻略本を見ながらでもほぼ理解不能でした。

    ストーリーがどうのこうの言う問題以前に、イベント発生が、ほぼまともに機能しませんでした。

    結局はオープニングを作って終わった程度でした。

    懲りずにスーパーファミコンの続編やPC版も購入しましたが、まともな作品は一度も作れませんでした。

    ゲーム制作の憧れを見事にぶち壊してくれた作品でした(笑)。

    スーパーファミコン名作ゲーム2!RPG・SLG中心の紹介!感想

    スーパーファミコン名作ゲーム2!RPG・SLG中心の紹介!感想

    スーパーファミコンゲームを2回にわたって紹介しましたが、当時を思い出すと非常に楽しい体験だったのをよく覚えています。

    ファミコンからPS4までゲームをやってきましたが、ゲームをやっていて一番楽しかったのは、恐らくこの時代だと思います。

    ゲーム機の中でもスーパーファミコンが一番!

    後にPS1などのゲームが出てきますが、この時代ほど熱中はできませんでした。

    ファミコンより画面が綺麗で、操作性も良くなり、最近のゲームのようにシステムが複雑ではない、私にとって「スーパーファミコン」は丁度良いゲーム機だったのかもしれませんね。

    「スーパーメトロイド」と「ファイアーエムブレム 紋章の謎」はこちらのゲーム機でも遊べます。

    ☑こちらの記事「レトロゲームの名作を遊ぶ方法を紹介!色んな手段があります!」でレトロゲームを楽しむ方法を紹介しています。

    ☑こちらのカテゴリ「ゲーム」で、他のゲーム関連の記事も紹介しています。