• 心と体の健康がテーマのブログです
    株の初心者の心構え!気を付ける事!プロでも先の相場は読めない?休むも相場!

    こちらの「日本経済新聞」電子版によると

    今回の暴落を機会に、口座開設して株を始めた方が多いようです。

    そこで今回は、初心に返り、株をする上での心構えを紹介します。

    株の初心者の心構え!気を付ける事!

    株の初心者の心構え!気を付ける事!

    この株価急落を機に証券口座を開設した方は、ここがチャンスだと思い始めたのだと思います。

    確かにチャンスかもしれません。

    少なくとも「老後2000万円必要だ」と、メディアで騒いでいた頃に始めた方よりは、間違いなくタイミングは良いと思います。

    しかし、戦略なしでやっていけば大損する可能性も高いでしょう。

    それでは、私が普段心がけている6つの事を紹介します。

    • 全力買いをしない
    • 分けて買う
    • 深追いしない
    • 引き付けて買え
    • 割高な物は売り、割安な物を買う
    • 休む時は休め!

    順番に見ていきましょう!

    全力買いはしない

    経験上儲かりません。

    仮に一瞬儲かる事があっても、同じやり方を続けていけば、儲けた以上に損します。

    よっぽどの天才しか儲かりません。

    分けて買う

    一度に大量に買うのではなく、数回もしくは、数十回に分けて買いましょう。

    誰にも株価の底なんて分かりません。

    ちなみに私は、10回ぐらいに分けて買う事が多いです。

    深追いしない・追いかけて買わない

    追いかけて買って勝った事は、経験上少ないです。

    私も散々やりましたが、大抵高値をつかみます。

    やめましょう。

    引き付けて買え

    あらかじめ、いくらになったら買うと決めて、指値を入れて買った方が良いです。

    そこで買えなきゃ縁がなかったと諦める。

    これで良いと思います。

    割安な物を買い、割高な物を売る

    投資と言うのは安く買って高く売る。

    難しいですが基本はこれだけです。

    経験上、割り高な物を買って、更に高く売るのはもっと難しいです。

    最近は、割安だと思ったもの以外は買っていません。

    今現在原油は、増産や消費が減る事により、20ドルを切るとも言われていますが、過去のチャートを見る限りは、割安だと個人的には思います。

    買うなら20ドル割れも視野に入れた方がよいでしょう。

    ☑WTI原油チャート

    WTI原油チャート
    長期WTI原油チャート

    ☑上記画像は、こちらの「WTI原油先物 金先物価格 リアルタイムチャート」から引用しました。

    原油の買い方については、こちらの記事「原油を買うならETFがおすすめ!原油は【経済指標の目安】です!」で、紹介しています。

    休む時は休め!

    ドルコスト平均法( 定期的に一定金額分を買っていく方法 )で、買っている方を除いては、一年中売買をする必要はないと思います。

    こちらの記事「【株式市場】超楽観相場!何が何でも上がろうとしているのか? 」を紹介している時は、ひたすら下がるのを待っていました。

    勝てる可能性の低い相場は、参加する必要はありません。

    プロならどうしても一定期間の内に利益を出さなければなりませんが、個人投資家の方たちは、大抵はそうではないと思います。

    そんな時は、投資などせずに趣味をやるなり、好きな事をしていれば良いと思います。

    ☑下記の記事でも読んで参考にしてみて下さい。

    一人で没頭できる趣味!実際に試した【インドア系の趣味】を紹介!

    一人でできるスポーツ6選!実際に試した手軽で気軽なスポーツ!

    勝てる可能性の高い時だけ参加しましょう!

    株の初心者の心構え!気を付ける事!まとめ

    株の初心者の心構え!気を付ける事!まとめ

    ハッキリ言って「今が株価の底なのか?」「まだまだ下がっていくのか?」そんな事は誰にも分かりません。

    だったらどっちに転んでもいいように準備していくだけです。

    しかし、よく最近言われているのが「リーマンショック級だ」「リーマンショックを超える」とも言われています。

    初心者でも最悪の事態を想定して投資をする

    悪いように予測して何も起きなければそれまでですか、良くなるように予測して、悪くなったのでは対応できません。

    個人的には、投資を続けていくのなら、その最悪の事態まで予測して動いていくのが良いと思います。

    参考までに、過去のチャートなどを見ると良いと思います。

    「リーマンショック級が来る」「もしくはそれ以上が来る」と予想する方は、その時の株価の下がり方、戻すまでの期間などを見ておくと良いと思います。

    ☑日経平均の1984年からのチャート

    リーマンショックは、2008年9月です。底が2009年3月です。

    日経平均の1984年からのチャート

    上記画像は、こちらの「日経平均株価 リアルタイムチャート」から引用しました。

    こちらの「JPモルガン」のサイトで、「市場急落に直面した時に~過去から生まれる投資のヒント~」も見ておくと良いです。