• 心と体の健康がテーマのブログです
    タンパク質不足が補える【ひよこ豆パスタ】コストコのBanza!

    ついつい不足しがちになってしまう栄養素の一つがタンパク質です。

    そんなタンパク質が手軽に取れる食品の一つ、ひよこ豆のパスタを実際に食べてみましたので紹介します。

    タンパク質不足が補える【ひよこ豆パスタ】コストコのBanza!

    タンパク質不足が補える【ひよこ豆パスタ】コストコのBanza!

    ひよこ豆ですが、実際にあまり聞きなれないと思います。

    私もどんな豆か分からないので調べてみました。

    ひよこ豆何の豆?

    ☑「公益財団法人日本豆類協会」によると

    ひよこまめは、豆粒の臍の近くによく目立つ鳥のくちばしのような突起があり、文字どおりひよこのような形をした豆です。英名は「ひよこ」を意味する”chick”に「えんどう」やこれに似た丸い豆を意味する”pea”を重ねた”chickpea” (チックピー)で、中国でも「鶏児豆」と呼ばれています。このため、一般的には、ひよこに似た豆の形が名前の由来と認識されています。しかし、本当は、ひよこまめのラテン語”cicer”を語源とするフランス語”pois chiche”(poisは英語のpeaと同義のフランス語)が、英語では転訛あるいは勘違いから”chickpea”とされてしまい、和名もこれを直訳したもので、ひよこに形が似ている云々は後から付けた理由ということのようです。スペインではガルバンソ(garbanzo)と呼ばれ、日本でも、メキシコからの輸入が多かったせいもあり、これを英語読みした「ガルバンゾー」という呼び名が一般化しつつあります。

     ひよこまめには、豆粒の大きさが10~13mm程度で表皮の色が肌色の大粒種(Kaburi)と、7~10mm程度で濃褐色の小粒種(Desi)があり、原産地はヒマラヤ西部を含む西南アジア地域と推定されています。

     日本での生産は行われておらず、国内で流通しているひよこまめは、メキシコ、米国、カナダ等から輸入されたもので、ほとんどが大粒種です。世界の生産量は860万トン程度で、そのうち2/3はインドが占めています。インドのひよこまめの多くは小粒種で、挽き割り(ダール)にしてスープに利用したり、粉末(ベサン)にして揚げ物の衣などに利用されています。

     ひよこまめは、食感が栗に似ていることから「くり豆」とも呼ばれることがあるように、独特のホクホク感があり、日本でもカレー、スープ、サラダ等の食材として利用される機会が増えてきました。

    ☑それでは、このひよこ豆のパスタの原材料を見てみましょう!

    コストコで売っている【Banzaひよこ豆パスタ】の原材料

    • ひよこ豆
    • タピオカスターチ
    • えんどう豆タンパク
    • キサンタン
    【Banzaひよこ豆パスタ】の原材料

    ☑次に一般的なパスタとの栄養素(タンパク質)を比較してみましょう!

    一般的なパスタとコストコのひよこ豆パスタの栄養素(タンパク質)比較

    一般的なパスタとコストコのひよこ豆パスタの栄養素(タンパク質)比較

    まずは、何処でも手に入るパスタを見てみましょう。

    一般的にどこでも手に入るパスタ(マ・マー早ゆで4分)の栄養素

    ☑100gあたり

    • エネルギー362kcal
    • タンパク質12g
    • 脂質 2g
    • 炭水化物 74g
    • 食塩相当量 0g
    一般的にどこでも手に入るパスタ(マ・マー早ゆで4分)の栄養素

    次に、コストコで売っているBanzaの「ひよこ豆パスタ」の栄養素を見てみます。

    コストコで売っているBanzaの「ひよこ豆パスタ」の栄養素

    ☑100gあたり

    • エネルギー340kcal
    • タンパク質23g
    • 脂質 6g
    • 炭水化物 56g
    • 食塩相当量 0.2g

    ☑先ほどの画像とおなじです。

    Banzaの「ひよこ豆パスタ」の栄養素

    分かりやすいように2つを表で見比べてみます。

    一般的なパスタコストコのひよこ豆パスタ
    エネルギー362kcal340kcal
    タンパク質12g23g
    脂質2g6g
    炭水化物74g56g
    食塩相当量0g0.2g

    タンパク質は約2倍と非常に多い事が分かります。

    食物繊維(FIBER)も平均的なパスタの2倍以上(8g)と多いようです。(下記画像)

    食物繊維(FIBER)も平均的なパスタの2倍以上(8g)と多いようです

    タンパク質不足が補える【ひよこ豆パスタ】コストコのBanza!感想

    タンパク質不足が補える【ひよこ豆パスタ】コストコのBanza!感想

    コストコで買えるひよこ豆パスタは、一般的な小麦粉を使ったパスタに比べて、一口食べた時は少しクセのある味だなと感じました。

    見た目が豆ではないので、少しクセがあると感じましたが、豆だと思えば普通の味です。

    見た目が豆ではないので、少しクセがあると感じましたが、豆だと思えば普通の味です。

    サラッとした薄味のソースより、少しドロッとした味の濃いめのソースの方が合うなと思いました。

    一般的なパスタと同じ手間、同じ量でタンパク質を2倍取れるのでしたら、ひよこ豆パスタを選ぶ価値はあると思います。

    ちなみに、タンパク質の摂取量の目安ですが、よく言われるのがが「体重1キロ当たり1g取りましょう!」というのが一般的です。

    体重60キロの方なら一日に60gとなります。

    運動強度によって、体重1キロ当たり1.2g~2gなどと増やしていくようです。

    こちらの記事「【プロテイン】何がいい?おすすめメーカーのプロテイン【比較】」で、タンパク質が手軽に取れるプロテインを紹介しています。

    ひよこ豆のパスタとプロテインは、手軽にタンパク質が取れる保存食にも良いと思います。

    【COSTCO】コストコ通販【BANZA】ヒヨコマメパスタ(ロティーニ)1.13kg

    ☑こちらのカテゴリ「象印自動圧力IH鍋」で、自動圧力IH鍋で簡単にできる料理を紹介しています。

    ☑こちらのカテゴリ「ホームベーカリー」で、全粒粉100%パンを焼いた感想などを紹介しています。

    ☑こちらのカテゴリ「健康」で、他の健康関連の記事も紹介しています。