• 心と体の健康がテーマのブログです
    自粛期間にDIY!フローリングの色あせ・色落ちを補修してみた!

    自粛期間に入って、もうじき1カ月になります。

    まだまだ続きそうな自粛生活ですが、こんな時は、「気になっているけど、やってこなかった事をやるチャンス」でもあります。

    そこで今回は、自粛生活を続けている知人が、「じゅうたんを剥がすのが面倒くさいけど、時間があるからやってみた」「あまりにも暇だとやろうかな…という気にもなる」という事でチャレンジした、フローリングの色あせを補修した様子を紹介します。

    自粛期間にDIY!フローリングの色あせ・色落ちを補修!

    自粛期間にDIY!フローリングの色あせ・色落ちを補修!

    窓のサッシ際と、日焼とスパーリングワインををこぼして色抜けした床を補修した様子です。

    ☑補修作業には、こちらの「リンレイ 床の手なおし 色つや復元コート」を使いました。

    補修作業には、こちらの「リンレイ 床の手なおし 色つや復元コート」を使いました。

    まずは、サッシ際から見ていきます。

    サッシ際の補修

    最初に補修前です。

    サッシ際の補修前

    次に補修材を3度塗った後。

    次に補修材を3度塗った後。

    最後は補修材を5度塗った後。

    最後は補修材を5度塗った後。

    次は、日焼とスパーリングワインををこぼして色抜けした床を補修した様子を見ていきます。

    色抜けした床の補修

    最初に補修前です。誰が見ても明らかに色が抜けています。

    色抜けした床の補修前

    次に3度塗りをした後です。だいぶ目立たなくはなりました。よく見れば色抜けが分かります。

    3度塗りをした後です。

    最後に5度塗りした後です。何も知らないで見せられたのでは分からないくらいまで、目立たなくなりました。

    最後に5度塗りした後です。

    自粛期間にDIY!フローリングの色あせ・色落ちを補修!感想

    自粛期間にDIY!フローリングの色あせ・色落ちを補修!感想

    フローリングを補修した知人が言うには、「ワインの色抜けは、かなり改善!」「窓のサッシ際は痛みすぎてあんまり…まぁこんなもんか」という具合です。

    ワインの色抜けはよく改善したが、日焼けのダメージは戻りにくいようです。

    私が実際にやったわけではありませんが、市販の物を使って素人がこれだけ補修できれば十分かなと思います。

    普段気になっていた事ができるチャンスでもあるので、これを機会にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

    ☑今回の補修に使った物です。

    最後に、「DIYとは何か?」調べてみました。

    DIY(ディーアイワイ)とは?

    ☑コトバンク「デジタル大辞泉」によると

    《do-it-yourself》しろうとが自分で何かを作ったり、修繕したりすること。日曜大工。ドゥイットユアセルフ。
    [補説]第二次大戦後のロンドンで、廃墟に立った元軍人たちが「何でも自分でやろう」を合い言葉に町の再建に取り組んだのが始まりとされる。

    ☑こちらのカテゴリ「日用品」で、普段私が使っている日用品を紹介しています。ホームベーカリーやアウトドア用品の記事が多めです。