• 心と体の健康がテーマのブログです
    実経済と株価は連動しない?個人的には楽観相場だと思っている

    以前もこちらの記事「【株式市場】超楽観相場!何が何でも上がろうとしているのか? 」で書きましたが、私には何が何でも無理やり上がろうとしている相場に見えます。

    実経済と株価は連動しない?個人的には楽観相場!

    実経済と株価は連動しない?個人的には楽観相場!

    ☑注意:細かい数字には触れません

    誰の目から見ても、日々のニュースで世界の中心であるアメリカの失業率や失業保険の申請数を知れば、経済悪化は明らかで簡単には経済が回復しそうもないことは分かるでしょう。

    そんなわけですが、不思議と株価は戻ってきています。

    一体何が起こっているのか?

    まずは、株価のチャートを見ていきます。

    ☑NYダウ過去6か月間のチャート

    NYダウ過去6か月間のチャート

    ☑日経平均過去6か月間のチャート

    日経平均過去6か月間のチャート

    どちらも、下がった分の半値ぐらいは戻しているのがわかると思います。

    それでは、コロナウィルスの世界の感染者数を見てみます。

    新型コロナウィルス 国別感染者数の推移

    ☑こちらの「外務省」HPからデータを引用しました

    新型コロナウィルス 国別感染者数の推移

    圧倒的にアメリカが多いのが分かります。

    個人的には、簡単にコロナウィルス問題が解決し、経済が回復するとは思えませんが、株価は戻ってきています。

    株価上昇の要因には、ステイホーム関連で、全く影響を受けなかった会社、凄く儲かった会社ももちろんあるでしょうが…

    しかし、経済不安になると上がるといわれる金はわりと順調に上がっています。

    金の先物チャート 6か月

    金の先物チャート 6か月

    コロナショック以前の価格を超えているのが分かると思います。

    ☑チャートは「SBI証券」のものを引用しました。

    実経済と株価は連動しない?個人的には楽観相場!感想

    実経済と株価は連動しない?個人的には楽観相場!感想

    「株価が上がるのにも下がるにも理由がない」という方もいますが、まさにそんな状況かなとも思っています。

    アメリカが中国に対して、コロナ問題の賠償請求をする、関税を引き上げるなど色んな噂のニュースが出ています。

    実際には何が起こるか先の事は分かりませんが、いずれも起こる可能性があると見ていた方が良いかもしれません。

    ☑こちらの記事もおすすめです

    金を買うならETFがおすすめ!世界情勢が不安になると上がる?

    日経平均株価下落でも儲かるETFを紹介!大暴落対策におすすめ!

    NYダウ下落で儲かるETF(ETN)を紹介!大暴落対策におすすめ!