• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    猫にウェットフード!高いが食いつきが良くておすすめ!

    2020/9/2更新

    おすすめと書いていますが、基本的には与える必要はないと思っています。

    普通に育った健康な猫ならば、ドライフードを小さいうちからバリバリ食べます。

    それではおすすめの理由などを紹介していきます。

    猫にウェットフード!メリット

    猫にウェットフード!メリット

    まずはウェットフードのメリットを紹介していきます。

    ドライフードより食いつきが良い

    匂いが強いものが多いので、単純に猫にとって分かりやすいのかと思います。

    水分も多いので猫にとっても食べやすいのでしょう。

    病気気味で弱った猫でも、ドライフードは食べられないけど、ウェットフードなら食べられる時があります。

    離乳時期の子猫も同様に、ウェットフードの方が食いつきが良いです。

    水分が多く便秘になりにくい

    猫が小さいうちは、あまり水を飲まないので、便秘にならないように与える場合もあります。

    やはり食いつきが良いという事が、最大のメリットだと思います。

    結局は食べられるエサを与えるしかないのです。

    色々デメリットが多いですが、全てのデメリットを上回るメリットです。

    次にデメリットを紹介していきます。

    ウェットフードのデメリット

    ウェットフードのデメリット

    一部を紹介します。

    ウェットフードしか食べなくなる

    何度か与え続けと美味しいからなのか、他のドライフードは見向きもしなくなります。

    出しっぱなしにすると腐る

    一度で食べきれない時に、たまたま忘れていてそのまま放置してしまう事があると腐ります。

    冬ならまだいいですが、温かくなると匂いがきつくなります。

    水分が多いのでしょうがないですが、ドライフードではありえないことです。

    ウェットフードは高い

    ドライフードよりは割高になります。

    あまりウェットフードに慣れさせて、ウェットフードばかり与えていると、当然エサ代が高くなります。

    最初からドライフードが食べられているのであれば、与えない方が良いと個人的には思います。

    猫にウェットフード!高いが食いつきが良くておすすめ!まとめ

    猫にウェットフード!高いが食いつきが良くておすすめ!まとめ

    とくにドライフード(カリカリ)を普通に食べているようなら、無理して与える必要はないと思います。

    自分でそんなことを書いていますが、私の家では猫にウェットフードを与えています。

    与えるようになったきっかけは、猫がカゼを引いて弱ってきて、ドライフードを食べる量が減ってきた時です。

    そんな時でもウェットフードなら、わりと普通に食べられることが多いです。

    そこで味を覚えたのか、ドライフードだけ与えたのでは食べなくなってきました。

    本当にお腹がすけば食べます(笑)。

    一匹ならまだしも、数匹いるとお金がかかるので、下記の記事のようにドライフードに混ぜてカサ増しして与えています。

    お金がかかったり腐りやすかったりしますが、食欲の落ちた猫や小さくて食べられない猫に与えるのであれば、非常におすすめなエサである事には間違いありません。

    ちなみに私がよく与えているウェットフードです。

    今までに何種類か与えてきましたが、カルカンが一番食いつきが良いです。

    色々な味がありますが、うちの猫に関しては、何味でも変わらずに美味しそうに食べています。

    猫にも好みがあるようなので、色々なエサを試してみるのも良いと思います。

    通常のウェットフードでも食いつきが悪い場合でも、少し高いですがチュールなら食べる事もあります。