• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    お正月にどうぞ!パナソニックホームベーカリーで餅をつこう!

    以前のこちらの記事と基本的には同じです。

    以前お餅の記事を見たけど見つからないという要望を受けたので、ホームベーカリーで餅をついた記事だけを一つの記事にしてみました。

    ☑この記事では、パナソニックのホームベーカリーSD-MDX100を使用しています

    お正月にどうぞ!パナソニックホームベーカリーで餅をつこう!

    お正月にどうぞ!パナソニックホームベーカリーで餅をつこう!

    まずは、必要な材料を紹介します。

    パナソニックホームベーカリーで餅をつこう!

    ☑材料

    3合のもちの場合

    • もち米   420g
    • 水     260g(ml)
    • もちとり粉 適量(片栗粉、上新粉など)

    *もち米1合は約140g

    次は餅を作るまでの準備です。

    ホームベーカリーで餅を作るまでの準備

    ①もち米を洗う。(水がきれいになるまで)
    もち米は水に浸さない。(もちがやわらくなります)
    ②ザルで30分水を切る。
    ③パンケースに、めん・もち羽根をセットします。(パン用とは別のもの)
    ④もち米を入れ水を入れる。

    パンケースにもち米と水を入れた

    餅を作るまでの手順

    ①メニュー「34」を表示させてスタートをする

    ②スタートをして50分後、ピッピッと鳴ったらふたを開ける

    スタートをして50分後、ピッピッと鳴ったらふたを開ける

    ③ふたを開けたまますぐスタート(残り10分)

    ④ピッピッと鳴ったら「取消」を押してパンケースをすぐに取り出し、パンケースに触れるぐらいまで冷ます(5~10分)

    ⑤もちを取り出し、もちをちぎって丸める

    もちを取り出し、もちをちぎって丸める

    3合で上記の量が4皿分作れました。

    ホームベーカリーでお餅をついた感想

    ホームベーカリーでお餅をついた感想

    準備時間(水切り時間)と所要時間(機械の動作時間)を合わせて約1時間30分という、比較的短い時間で餅が作れました。

    私は買った餅を食べると胃もたれをし、気持ち悪くなる事が多いですが、余分な材料が入っていないからなのか、胃もたれをする事がないです。

    つきたての餅は、とてもやわらかくなめらかで美味しく食べられます。

    ☑参考までに 私が使っているホームベーカリーの新しい型