• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    トイレが寒い!冬のトイレの寒さ対策に暖房器具を入れてみよう!

    今年の冬は寒いです。

    去年は暖かかったので余計に寒く感じます。

    そんな事から、トイレの暖房を今年も使い始めました。

    トイレが寒い!冬のトイレの寒さ対策!

    トイレが寒い!冬のトイレの寒さ対策!

    寒さ対策にも色々とあると思いますが、暖房を入れるのが手っ取り早いです。

    トイレに暖房器具を入れてみよう!

    こちらが実際に私が使っている暖房器具(セラミックヒーター)です。2017年に購入しました。

    こちらが実際に私が使っている暖房器具(セラミックヒーター)です。2017年に購入しました。

    すぐに暖かくなり、軽くて持ち運びが楽で使いやすいです。

    電気代は約 32.4 円/時(1200W 時)と、結構高いです。

    トイレで使うのであれば、600Wでも十分暖かくなります。

    ☑使い方の一例

    夜中の寒い時間帯にトイレに行った人が、スイッチを600W入れる。

    朝、最後にトイレを出た人がスイッチを切る。

    電気代は高めですが、一日中使うのでは無ければ、それほど負担にはならないと思います。

    ☑参考までに 私が使っている物の新しい型

    トイレのコンセントが一つしかない場合は?

    トイレのコンセントが一つしかない場合は、ウォッシュレットを使うだけで他の物が使えなくなります。

    私の家もトイレにコンセントが一つしかありませんでした。

    そんな方には、こんな物があると便利です。

    ☑パナソニックの 小型スナップタップ(2コ口)

    パナソニックの 小型スナップタップ(2コ口)

    これを使い、ウォッシュレットとヒーターをつないでいます。

    1500Wまでの仕様なので、それを超えないように使ってください。

    私は、2017年の冬から使っていますが、ウォッシュレットと600Wのヒーターを一日の内数時間使う程度なら、問題なく使えるようです。

    ☑パナソニック(Panasonic) 小型スナップタップ(2コ口)

    ☑参考までに セラミックヒーターAmazonの売れ筋

    今回紹介したヒーターは、人感センサー無しの物でした。

    余分な物が何もついていない方が壊れにくいと思ったので、人感センサー無しの物を紹介しました。

    こちらの物は、人感センサー付きの売れ筋の物です。

    いづれにしても、簡単に壊れるものではないし、それほど高くはないと思うので、一台ぐらいはあってもいいのではないでしょうか。

    特に高齢の方の、ヒートショック対策には良いかと思います。