• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    食いつきがよくコスパの良い市販のキャットフードを紹介!ホームセンターでも買えます!

    基本的には、こちらの記事で紹介している事と同じです。

    長年(昭和の時代から)猫を飼っている私の考えです。

    食いつきがよくコスパの良い市販のキャットフードを紹介!

    食いつきがよくコスパの良い市販のキャットフードを紹介!

    ここ数年は、この3種類のエサに固定しています。

    ・キャネット
    ・カルカン
    ・ちゅーる

    それでは順番に紹介していきます。

    ドライフードは「キャネット」

    ドライフードは「キャネット」

    2.7kg入りです。

    昔は3kgでした。

    ドライフードは、ここ10年以上は「キャネット」で固定しています。

    昔は粉っぽくて食いつきが悪かったですが、改良されてからよく食べるようになりました。

    私がホームセンターで買う価格は、税抜きで600円前後です。

    確かに高くて粒の小さいエサの方が食いつきは良いですが、価格と食いつきのバランスが良いです。

    人間の食べ物と同じで、季節により変わった味が発売されますが、家の猫は何味でも同じように食べています。

    ウェットフードは「カルカン」

    ウェットフードは「カルカン」

    ウェットフードも色々試しましたが、「カルカン」が一番食いつきと価格のバランスが良いです。

    キャネットと同じく、何味でも変わりなく食べています。

    同価格帯の物と比べても1袋当たりの量が10gぐらい多かったり、ゼリーが少なめのような気がします。

    これ以上高い物は買ったことがないので分かりませんが、これより安い物はおすすめできません。

    特に自社ブランドの安い物はやめておいた方が無難です(笑)。

    ゼリーばかりでニオイが変です。

    私がホームセンターで買っている価格は、8個入りで税抜き450円前後です。

    おやつや弱っているときには「ちゅーる」

    おやつや弱っているときには「ちゅーる」

    「ちゅーる」は高いので、あまり与えていませんが、食いつきは抜群です。

    猫が他のエサを食べられない時などに与えると良いと思います。

    家の猫は、調子が悪く他のエサを食べられない時でも、「ちゅーる」は食べます。

    私がホームセンターで買っている価格は、20本入りで税抜き700円前後です。

    ちなみに上の写真は、コストコで売っている50本パックです。

    これも何味でも、変わりなく食べています。

    食いつきがよくコスパの良い市販のキャットフードを紹介!感想

    食いつきがよくコスパの良い市販のキャットフードを紹介!感想

    キャットフードで何を買ったらいいか分からない方は、とりあえず今回紹介した下記の3種類ならハズレはないと思います。

    ・キャネット(ドライフード)
    ・カルカン パウチ(ウェットフード)
    ・ちゅーる(おやつ)

    私の家のように多頭数飼いなら、ドライフードはキャネットでいいと思いますが、1匹、2匹なら湿気ないように、もっと少量のドライフードの方がよいかもしれません。

    1匹なら少し割高ですが、銀のスプーンも食いつきがよかったです。

    買ったことはないですが、もらって与えたことがあります。

    他にも食いつきの良いエサがあります。

    「きびなご」や「にぼし」です。

    最近は、魚の価格高騰による中身を減らしての実施値上げで、安くはないと思います。

    ☑参考までに よく与えていた「にぼし」です。

    このメーカーの物は恐らくホームセンターの方が安いです。

    もっと健康を考えるのなら高いエサの方がよいかもしれません。

    しかし、今まで猫にエサを与えてきて、今回紹介した猫エサで十分なような気もします。

    これ以上安い価格の物は、あまりおすすめできません。

    人間の目から見ても美味しそうではありません。

    体に悪そうです(笑)。