• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    セリア(100均)の固形着火剤(5個入)を使いメスティンでお湯を沸かした!

    以前からセリアで3個入りの固形燃料は見かけました。

    ☑こちらの記事で紹介しているものです

    ここ最近、5個入りの固形燃料を見かける機会があったので、気になり購入してみました。

    正確な名称は、固形燃料ではなく固形着火剤です。

    今回は、この固定着火剤を使い、メスティンでお湯を沸かしてみます。

    セリアの固形着火剤を使いメスティンでお湯を沸かした!

    セリアの固形着火剤を使いメスティンでお湯を沸かした!

    買ったのはいいですが、固形燃料かと思って買ったら、パッケージには固形着火剤と書いてありました。

    固形着火剤・固形燃料は何が違うの?

    少なくともセリアで売っている物については、特に違いはないようです。

    同じように使えます。

    私が考えるには、燃焼時間が短い物を着火剤と呼んでいるような気がします。

    沸騰までにかかる時間は?

    今回は分かりやすいように、一般的なペットボトル1本分の500mlの水を沸騰させてみます。

    ☑計量カップで500ml

    沸騰までにかかる時間は?

    ☑固形着火剤1個を使用

    固形着火剤1個を使用

    ☑早く沸くように蓋をしました

    早く沸くように蓋をしました

    ☑着火剤に火をつけました

    着火剤に火をつけました

    ☑わずかに音がし始めてお湯が沸きました

    わずかに音がし始めてお湯が沸きました

    グラグラと音がするほどには沸騰しません。

    ☑沸騰までにかかった時間

    沸騰までにかかった時間7分18秒

    約7分18秒でした。

    燃焼時間は?

    パッケージには、1個当たり約10分から15分と書いてあります。

    さて、実際の燃焼時間は?

    ☑火が弱くなるところ

    火が弱くなるところ
    セリア着火剤火が弱くなる時間11分4秒

    ☑火が消えた

    着火剤の火が消えた
    セリア着火剤の燃焼時間は11分51秒

    約11分51秒で消えました。

    沸かせるお湯の量は?

    私の使ったメスティンでは、今回の500mlが限界だと思います。

    無理なく沸かせるのは、やはり500mlではないでしょうか。

    仮にもっと大きな容器を使っても、せいぜい1割増しぐらいではないかと思います。

    セリアの固形着火剤で沸かせるお湯の量で何ができるの?

    セリアの固形着火剤で沸かせるお湯の量で何ができるの?

    今回沸かした500mlで、やってみた事を紹介します。

    カップラーメンに使う

    ☑今回食べたラーメン(うどん)

    メスティンで沸かしたお湯をラーメンに使った

    お湯の目安量310ml

    お湯の量は310ml

    ☑お湯を入れて3分たった

    お湯を入れて3分たったカップラーメン

    特に麺が硬くもなく、普通に食べられました。

    残ったお湯はコーヒー一杯分

    ☑ラーメンにお湯を入れ残ったお湯

    ラーメンにお湯を入れ残ったお湯

    ☑残ったお湯で入れたコーヒー

    残ったお湯で入れたコーヒー

    丁度コーヒー一杯分ぐらいありました。

    ラーメンを食べた後に残りのお湯を使ったのでは、ぬるすぎです(笑)。

    感想

    非常事態の訓練みたいですが、メスティンと固形燃料(着火剤)1個で、どのくらいの事ができるのかを色々と試しています。

    今回は、1個当たり22円の固形燃料でお湯を500ml沸かせるのが分かりました。

    今までに、燻製、炊飯、ラーメンと試してきました。

    次に何をするかは今の所考えていませんが、またメスティンと固形燃料で何かする機会がありましたら紹介したいと思います。

    ☑今回使った物と同じMiliCampのメスティン