• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!という詐欺メールが再び届いた

    2020/8/7更新

    「Amazonから普段来ないようなメールが届くんだけど、これって詐欺?」

    「Amazonのメールにしては安っぽいし、迷惑フォルダに入っていて、やっぱり詐欺だと思うけど何か不安だ」

    そんな疑問を解決していきます。

    本記事を書いている私は、Amzonを装った詐欺メールはこれで2通目、JCBを装った詐欺メールも届いたことがあります。

    記事の内容

    ・実際にどんな詐欺メールが届くのか?
    ・本物のメールとどこが違うのか?

    それでは、今回届いたAmazonを装った詐欺メールを見ていきましょう。

    Amazonプライムの自動更新を装った詐欺メール!

    Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!

    実際にこんなメールが届きました。

    件名は「Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました」です。

    実際に届いたAmazonプライムを装った詐欺メール

    Fromを見た時点で「?」だと思います。

    「secure.access」って何だか分かりませんよね?

    たいていは、一発でどこからのメールか分かるようになっています。

    更に、Fromにカーソルを合わせると送信元のアドレスが「fpwhxh@amazon.co.jp」と表示されました。

    ☑次にメールを開いて見てみます

    次にメールを開いて見てみます

    一見よくできているように見えます。

    しかし、文字が青くなっていて、一見リンクが貼ってありそうな「こちら」にはリンクがありません。

    「会員情報の管理ページで確認」にはリンクが貼ってありますが、「support.amaques.com」というよく分からないリンクが貼ってあります。

    本物のAmazoからのメール

    本物のAmazoからのメール

    商品注文時のメールです。

    Fromが「Amazon.co.jp」になっています。

    Fromにカーソルを合わせると送信元が「auto-confirm@amazon.co.jp」と表示されました。

    メールを開いた中身の方のリンクも、基本的には「https://××.amazon.co.jp」から始まった長いURLでした。

    詐欺メールかなと思ったときはAmazonのサイトで確認

    こちらのリンク「Amazonヘルプ」で確認出ます。

    「Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について」が書かれています。

    今回は、送信情報の違いから詐欺だと分かりました。

    下記が、実際にAmazonが使用している送信情報です。

    下記が、実際にAmazonが使用している送信情報です。

    画像引用元:Amazonヘルプ&カスタマーサービス

    他にもSMSからの詐欺もあるようなので、Amazonを利用している方は、一度見ておいた方がよいです。

    Amazonプライムの自動更新を装った詐欺メール・まとめ

    Amazonプライムの自動更新を装った詐欺メール・まとめ

    実際に来た、Amazonプライムの自動更新を装った詐欺メールの紹介と見分け方でした。

    見分け方をまとめると

    ・詐欺メールだと思ったら送信元のアドレスを確認
    ・分からずにメールを開いた場合は、リンク先を確認
    ・それでも分からなければ、Amazonで確認

    このような方法で詐欺メールかどうかを見分けることができます。

    誰の元にも来る可能性があるので、「私は大丈夫」と思わないで、しっかり対策をしましょう!

    2020/6/19にも再び同じようなメールが届きました。

    2020/6/23 懲りずにまたまたまメールが届きました

    2020/7/20詐欺のクオリティが高くなった

    JCBの詐欺メールと同じ組織からのメールだと思います。

    FROMが「an@jcb.co.jp」になっていました。

    件名は同じく「Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!」でした。

    Amazonプライム詐欺メール2020/7/20

    今までは「青い字のこちら」のリンクがありませんでしたが、今度はリンクが追加されています。

    心配な方はAmazonのメッセージセンターで確認するのが良いでしょう!

    2020/7/25に届いた詐欺メール

    FROMが「no-replay@amazon.co.jp」になっていました。

    再び「青い字のこちら」のリンクがなくなりました。古いバージョンの詐欺メールの様です。

    2020/7/29に届いた詐欺メール

    前回とほぼ同じです。

    FROMが「no-replay@plrrlvw.asia」です。

    FROMが「no-replay@plrrlvw.asia」です。

    8/7に届いたメールアドレス発信元

    内容は同じです。アドレスが違うだけです。

    FROMが「qtebcmh@amazon.co.jp」です。

    FROMが「qtebcmh@amazon.co.jp」です。

    ☑人気記事 一人で没頭できる趣味【インドア系】実際に試したことの紹介です!

    ☑人気記事 【実践しました】食生活の乱れを改善!どんな効果が表れるの?