• 心と体の健康がテーマのブログです
    春の種まき!家庭菜園で野菜(ケール、スープセロリ)の種をまいた!

    朝に氷点下になる日もなさそうだし、昼間もだいぶ暖かくなってきたので、家庭菜園で野菜の種まきをしました。

    春の種まき!家庭菜園で野菜(ケール、スープセロリ)の種をまいた!

    春の種まき!家庭菜園で野菜(ケール、スープセロリ)の種をまいた!

    トップ画像の土の上に線が引いてある所に、「ケール」と「スープセロリ」の種をまきました。

    まずは「ケール」を紹介します!

    ケールとは?

    ☑「weblio辞書」の三省堂 大辞林 第三版によると

    ケール [1]【kale】

    アブラナ科の一、二年草。キャベツの類だが結球せず茎が立ち、葉は長楕円形・円形で茎の上部に密生する。料理の飾りに用い、また、しぼった青汁を飲用する。飼料にも用いる。

    とあります。

    ☑こちらの「サカタのタネ」の「ケール」の種をまきました。

    こちらの「サカタのタネ」の「ケール」の種をまきました。

    ケールの種はこんな感じです。

    ケールの種はこんな感じです。

    ケールの種の説明です。

    ケールの種の説明です。

    ☑こちらの記事「【オイシックス】食材宅配お試しセット1980円の内容紹介!」で紹介している「ケールのサラダ」みたいにして食べようと思ったので、初めてケールの種をまきました。

    次に「スープセロリ」を紹介します。

    スープセロリとは?

    ☑「weblio辞書」の植物図鑑によると

    スープセロリ (オランダ三葉)

    ●ヨーロッパが原産の「セロリ」の原種です。中国に伝えられた後、長い間「キンツァイ(芹菜)」と呼ばれ、改良されないで栽培されてきました。香りが良く食べやすいのが特徴です。スープやオムレツ、サラダ、中華料理などに利用されます。高さは30~100センチほどになり、6月から7月ごろ、複散形花序に小さな白い花を咲かせます。和名では「オランダミツバ」と呼ばれます。
    ●セリ科オランダミツバ属の二年草で、学名は Apium graveolens var.secalinum。英名は Leaf celery。

    とあります。

    ☑こちらの「サカタのタネ」の「スープセロリ」の種をまきました。

    こちらの「サカタのタネ」の「スープセロリ」の種をまきました。

    スープセロリの種はこんな感じです。種でもセロリの香りがシッカリします。

    スープセロリの種はこんな感じです。種でもセロリの香りがシッカリします。

    スープセロリの種の説明です。

    スープセロリの種の説明です。

    スープセロリもケールと同じくサラダで食べる予定です。

    家庭菜園で野菜(ケール、スープセロリ)の種をまいた!感想

    家庭菜園で野菜(ケール、スープセロリ)の種をまいた!感想

    ケールの栽培は初めての挑戦です。

    スープセロリは、種の袋には「生育が早く、丈夫で作りやすい家庭菜園向きの野菜」とありますが、スープセロリ栽培は何回も挑戦していますが、まともに育ったことがありませんでした。

    ケール、スープセロリ共に、まともに育って収穫して食べる事ができたらまた報告します。

    ☑続きの記事です。

    家庭菜園で野菜(ケール、スープセロリ)種まき後1か月の様子!

    ☑こちらのカテゴリ「家庭菜園」で、他の作った野菜を紹介しています。