• 頑張りすぎない無理しすぎない自分に合った生活を目指しましょう!
    【ブリオッシュ】をパナソニックホームベーカリーのレシピで焼いた!

    2020/4/28更新

    ホームベーカリーも毎日同じものばかり作っていると飽きてきてしまいます。

    ちょっと手間はかかりますが、ブリオッシュパンを焼いてみました。

    パナソニックホームベーカリー【ブリオッシュ】

    パナソニックホームベーカリー【ブリオッシュ】

    ブリオッシュと聞いてパン好きの方ならすぐに思いつくでしょうが、そうではない方もいると思うので簡単に説明します。

    ブリオッシュとは

    ブリオッシュとは、フランスの菓子パンの一つです。

    ブリオッシュは、クロワッサンやバターロール、デニッシュなどと比べて、バター、卵、牛乳、砂糖などをふんだんに使う甘く香り豊かなふっくらしたパンです。

    配合の割合に特徴がある

    バターの配合が多いのですが、それに加えて卵の配合も多くなっているのが特徴になります。今回ホームベーカリーで作るブリオッシュも「粉に対するバターの割合」が30%を超えています。ちなみに通常の「食パンメニュー」は5%ほどになります。

    それではブリオッシュのレシピを見ていきましょう!

    ブリオッシュのパナソニックホームベーカリーレシピ

    ブリオッシュのパナソニックホームベーカリーレシピ

    ホームベーカリー付属のレシピと実際に作ったレシピを紹介します。

    付属レシピのブリオッシュ材料

    ☑所要時間

    3時間15分

    ☑材料

    • 強力粉       170g
    • 薄力粉        30g
    • バター       30g
    • 砂糖        25.5g
    • スキムミルク    6g
    • 塩         3.8g
    • 卵1個、卵黄1個、冷水
      (5℃)を混ぜたもの  140g
    • ドライイースト   2.1g
    • 後入れ用バター
      (無塩バターがおすすめ)40g

    実際に作ったレシピのブリオッシュ材料

    ☑所要時間

    3時間15分

    ☑材料

    • 強力粉       170g
    • 薄力粉        30g
    • マーガリン     30g
    • 砂糖        25.5g
    • クリープ       6g
    • 塩         3.8g
    • 卵1個、卵黄1個、冷水
      (5℃)を混ぜたもの  140g
    • ドライイースト   2.1g
    • 後入れ用バター    40g

    ☑付属レシピとの違い

    手持ちのバターが少なかったため、バターの代わりにマーガリン、スキムミルクの代わりにクリープを入れました。

    普段からスキムミルクの代用にクリープを使用しています。
    森永スキムミルクの代用にクリープ!ホームベーカリーにおすすめ!

    パナソニックホームベーカリーの【ブリオッシュ】【感想】

    パナソニックホームベーカリーの【ブリオッシュ】【感想】

    ☑まず見た目の感想です。

    ブリオッシュはいつもの食パンと比べてどうだった?

    いつもの食べている食パンと比べるとブリオッシュは、焼き上がりがふっくらしています。

    卵黄が2個入っているのとバターが通常より多めに入っているので、生地の見た目がクリーム色っぽく焼き上がりました。

    ☑半分に切りました。

    ☑食べやすい大きさに切りました。

    ブリオッシュを食べた感じはどうだった?

    味はバターと砂糖を入れたわりには口当たりの良いあっさりした感じです。私の場合は、買った菓子パンだと胃がもたれ気味ですが、食べた後も重くは感じませんでした。

    外側のこのサクサク感はなかなか他では味わえません。この焼きたてのサクサク感が味わえるのは、焼いた人しか味わえない特権だと思います。焼きたてのパンが簡単に美味しく味わえるのは、ホームベーカリーならではです。

    ☑今回使ったホームベーカリーの最新版

    ☑「富澤商店」の直販サイトは、パン作りやお菓子作りに便利です。

    TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ

    ☑こちらのカテゴリ「ホームベーカリー」で、他の実際に作ったレシピを紹介しています。